にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 見た目は華やか!調理は簡単! 魚、肉、野菜をバランスよく『秋の行楽弁当』をご紹介♪ 【つちだ縁に習う『料理のツボ』】

見た目は華やか!調理は簡単!
魚、肉、野菜をバランスよく『秋の行楽弁当』をご紹介♪
【つちだ縁に習う『料理のツボ』】

更新日: 2015/8/31

  •  
  •   mixiチェック
こんにちは、料理のツボ研究家のつちだ縁(ゆかり)です。
台風15号が日本列島に上陸!?
セミナー当日、九州に上陸した台風の影響で西宮市の朝は強い風が吹き始めていました。
セミナーが終わる頃、お客さまの足に影響が出ないかと心配しましたが。。。なんと台風はそのまま日本海へと抜け去って行きました!
奇跡?!
そんな中8月25日(火)の食のミニセミナーでは『秋の行楽弁当』をご紹介いたしました。
[1]鮭の西京焼き
味噌床を作れば、何でもお好みの魚やお肉、野菜と何でも何度でも漬込める保存調理法。
【作り方】
〔1〕 鮭に塩をふり少しおく。出て来た水気を拭き取る。
〔2〕西京味噌、みりん、酒を合わせ味噌床を作る。タッパーに味噌床の半量、ガーゼ、〔1〕の鮭、ガーゼ、残りの味噌床の順に重ねる。
〔3〕冷蔵庫で1時間~ひと晩寝かねる。
〔4〕漬込んだ鮭を2~3等分に切る。フライパンにオーブン用シートを敷き極少量の油を加え、
 鮭を皮目から2分、蓋をして弱火で焼く。
裏返して火を止め、1~2分蒸らして完成。

[2]ジューシー煮込みハンバーグ
やわらかジューシーなハンバーグはお肉を捏ねたらしっかりと冷蔵庫で寝かせる!!のがポイントです。
【作り方 】
〔1〕フライパンにサラダ油を加え、ニンニクと玉葱のみじん切りを飴色になるまで炒めてバットに取り出し冷ます。
〔2〕ボウルに合い挽き肉を塩コショウ、ナツメグを加えてしっかりと捏ねておく。そこへ〔1〕と溶き卵、パン粉と豆乳(牛乳)を合わせたものを加えてしっかりこねる。
冷蔵庫で冷やし生地を寝かせる。
〔3〕〔2〕を8等分して空気を抜き、真ん中を窪ませ成形する。
フライパンにサラダ油を少量敷き、弱火~中火で両面3分ずつ焼き、取り出す。
〔4〕〔3〕のフライパンに赤ワインと水を加え中火~強火で半分まで煮詰める。
万能へんこだれとケチャップを加えて、ハンバーグを戻し、蓋をして弱火で3分煮込む。とろみが付いたら完成。

合い挽き肉と(パン粉+豆乳)の割合が決め手。少しゆるい状態がベターです。
※冷蔵庫でしっかりと寝かせれば、固くしまり成形もキレイに仕上がります。
前日から仕込んでおくなら、ハンバーグの種づくりが良いでしょう。

そして最後は[3]『秋野菜の田楽』です

いつもの野菜が一気に変身。田楽味噌にひと味プラスでこどもにも食べやすい洋風な一品に。

マヨネーズとみじん切りの野菜を加える事で、マイルドなコクが加わります。
マッシュルームの軸は、みじん切りにしてお味噌に加えると栄養価もアップ!

【材料】
田楽味噌(市販)・・・大さじ2
マヨネーズ・・・大さじ1
マッシュルームのみじん切り・・・適量
黒こしょう・・・少々
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
茄子・・・1本
ペコロス・・・1個(代用/玉葱)
マッシュルーム・・・8個
じゃが芋・・・2個
サラダ油・・・大さじ2

(トッピング)
白ごま、黒ごま、芥子のみ等・・・適量

【作り方 】
〔1〕 田楽味噌とマヨネーズ、マッシュルームのみじん切りを加え、混ぜ合わる。
〔2〕茄子のヘタを取り、2cmの厚みに輪切りにして水に浸けてアク抜きし、水気を拭き取る。
〔3〕 ペコロスとじゃが芋はしっかり洗い、皮付きのままラップにくるみレンジ500wで3~4分加熱する。
〔4〕〔2〕と〔3〕をオーブントースターに並べ、サラダ油を塗って200℃で約10分加熱。
再度取り出し〔1〕を塗り更に5~10分焼く。仕上げにトッピングをして完成。


涼しくなって来ましたね
さぁ~!お弁当もってお出かけしませんか♪

(お知らせ)
ワタクシ事で恐縮ではございますが、この度こどもを授かりました。
今回のセミナーから産休に入らせていただく事になりました。
この『食のミニセミナー』を通じて、これまで沢山の方々とお話ができた事
皆さまからのリクエストからメニューを実施させていただき、一体感のあるセミナーで
楽しくレッスンさせていただいた想い出は、ワタクシのこれからの励みとなります。
また戻ってまいります。

これまで本当にありがとうございました。
また皆さまにお会い出来ます事を、心より楽しみにしております。

つちだ縁に習う料理のツボ 関連記事はこちら

<プロフィール>
つちだ 縁 (つちだ ゆかり)
料理のツボ研究家
辻学園日本調理師専門学校を卒業後、エアライン 国際線機内食(ファーストクラス・ビジネスクラス)を担当。その後、イタリア料理店・有名料理教室のマネージャー経験を経て独立。現在は 『studio 縁 en』を運営しながら、各種レストラン・小売店でのメニュー・レシピ作成、ディレクションを請け負う。創作メニューを得意とし、日常生活をより素敵にアレンジする 『料理のツボ』 を研究・提案し続ける。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。