にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 年越しの由来を知り、親子で新年を迎えるのススメ 【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

年越しの由来を知り、親子で新年を迎えるのススメ
【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2015/12/22

  •  
  •   mixiチェック
「今年も残すところ、あと10日です。」なんていう言葉を耳にすると否応なしにも気持ちが焦り、また今年も一年があっという間に終わってしまうなんて思っているのは私だけでしょうか。

クリスマスの華やかさと並走して、年末年始、年越しの準備が始まるこの時期。
我が家でも昨日はマンションのおもちつきで、朝からお手伝いしてきました。
おもちは29日につくのも、買うのも9(苦)がつくとして、あまりよくないのご存知ですか?
年末年始は、日本の伝統的な行事、習慣、慣習が色濃く残る時期。
ぜひお子さんに、ひとつひとつの意味を伝えながら、一緒に年越しを迎える準備をしてほしいと思います。
・・・と言いながら、そーんなに知らないのも現実(笑)

そんなときこそ絵本の出番。
お子さんと一緒に読み合いながら、教えてもらいましょう。

こんな絵本はいかがでしょうか。
2015年1月1日が初版。

今年のはじめに出たばかりの新刊です。

ピカピカの開運の文字が目を引く表紙。

名付けて

「開運えほん」

大胆なネーミング!!(笑)

大晦日の夜。除夜の鐘とともにやってきた年神様とともに過ごす、はなちゃんのお正月。

日本のお正月にはたくさんの開運への願いが込められていることを、丁寧に教えてくれる一冊です。

玄関のお飾りや年越しそば、おせち料理のそれぞれの意味や初詣、凧揚げ、羽子板、七草がゆまで。可愛い絵でわかりやすく、その由来や開運への願いが描かれています。

中でもお節料理をお重ごとに音頭で紹介する見開きページや、開運日本お雑煮の旅と題された各地のお雑煮が紹介されたページなど、見ているだけでワクワクします。

黒豆一つ食べるにしても、ただ食べるのと「黒豆はね、マメに元気に暮らせますようにっていう願いがこめられているんだよ」とひとつひとつ由来を知りながら食べるのとでは大違い。

知るって大事。

想うって大事。


想いながら食べるだけで、マメに元気に暮らせる気がする(単純(笑))

まるでお正月図鑑のようなこの絵本。

これさえあれば、新しい一年もなんだか開運!いい年になりそうです。

にしのみやぐらしブログ、ふわはね絵本のお部屋も、今年最後の絵本のご紹介になりました。
一年間読んでくださりありがとうございました。

また新しい一年も、季節や祭事にあった絵本などをご紹介していきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

さぁ、ふわはね親子で楽しむ絵本の時間も、今年も残すところ一回となりました。

最後はクリスマスの日。
年齢幅も拡大して、みなさんと少し楽器作りのワークショップなんかもしながら、楽しんで行きたいと思っております。

【12月・1月のコトコトステージ開催予定】

◎12月25日(金)テーマ「クリスマスを楽しもう!」
午前11時より:0-3歳クラス
午後1時より:4歳~クラス
お兄ちゃんお姉ちゃんもぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。一緒に楽しいクリスマスしましょう。
みなさんのご参加をお待ちしております!

◎1月12日(火)テーマ「お正月の絵本とさるの絵本」
午前11時より:0歳クラス
午後1時より:1歳クラス

◎1月24日(日)
午前11時より:0-3歳クラス
午後1時より:4歳~クラス
待望の日曜開催です!
お兄ちゃんお姉ちゃんクラス開講!
ぜひぜひ一緒に絵本を楽しみましょう!

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページ コトコトステージニュースご紹介ページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程及び内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら


<プロフィール>
内田 祐子(うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。吹田市在住

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。