にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 人参スープでほっこり冬の朝食 【伊藤由香-小さな食憶-】

人参スープでほっこり冬の朝食
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2016/1/11

  •  
  •   mixiチェック
新しい年を迎えました。
暖冬ですが、冬らしい冷たい風が身にしみるこの3連休。
でも、今日は鏡開き。ふぅふぅと息をかけながらぜんざいをいただくにはぴったりかもしれません。
今年も健康で過ごせますように。

6日の小寒、21日の大寒、そして節分までは暦の上でも本格的な寒さとなる頃。風邪などひかないよう、元気な身体づくりは大切です。免疫力を高め、皮膚や粘膜を健康に保つなどの働きをしてくれるカロテン。英語の「キャロット」が語源です。人参はカロテンが豊富な野菜で、元気な身体づくりに嬉しい野菜のひとつ。金時人参の赤い色は、トマトと同じ強い抗酸化力があると言われるリコピンです。

どちらも脂溶性なので、油と一緒にいただくことがオススメです。

収穫後の洗いで、皮はある程度落ちて並んでいます。香り、美味しさ、栄養がある部分なので気にならなければむかなくても。品種がそろえば3種細切りにして、すりおろした人参ドレッシングでやさしく和えたサラダは、それぞれの風味が感じられます。

人参食べ比べ弁当と題して、素揚げした人参を入れ、冬休みに娘に作ったお弁当。「それぞれ味が違う!これはやさしい甘さで、これは人参じゃないみたい!」と娘の解説付きとなりました。

私の小さい頃の定番おかずのひとつ、人参と卵を炒めたしりしりはよく入っていたなぁ。

さて、お料理を習い始めた当初に教わり、以来大好きな人参スープです。ベースを大切にしながらも、人参らしさを引き出せるよう私なりに少しずつ変化・・・
多目に作った翌朝、ゆっくり喉を通るほっこりしたスープを味わうことも、このスープの楽しみとなっています。

仕上げは魔法のエッセンスをプラス。そう、柚子の香りとともに。

にんじんのほっこりスープ

にんじん 大1本200g程度(薄切り)
玉ねぎ  1/4個(薄切り)
ごはん  50g
水     500㏄
牛乳   100㏄~150㏄(生クリームはお好みで加える)

バター 

【1】バターで玉ねぎをしんなりするまで炒め、少量のバターを足して人参を炒め、塩ひとつまみ、ごはん、水を加えて15分程煮る。
【2】ミキサーにかけ、鍋に戻し牛乳を加え温め、塩で味を整える。
【3】仕上げに泡立てた牛乳、削った柚子の皮を添えて出来上がり。牛乳の代わりにホイップした生クリームでも。


野菜果物と食事を通して、作り手から作り手へ伝わる小さな優しさ、楽しさが未来のこどもたちへの大きな愛情へとつながることを信じて、励んでいきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・
1月20日(水)は今年初の親子セミナーを開催。知っているようで知らない?!ほうれん草をテーマに、皆さまと一緒に楽しみたいと思っています。

伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら


<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。