にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 大人の心にも響く美しい写真絵本のススメ 【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

大人の心にも響く美しい写真絵本のススメ
【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2016/1/26

  •  
  •   mixiチェック
暖冬だった今年の冬も二十四節気「大寒」になった途端にこの寒波。
暦通りにやってくるこの時期らしい気候に知れば知るほど、二十四節気、昔ながらに伝わる暦の深さを感じます。
今回は、こんな綺麗な絵本はいかがでしょうか。

アリス館より「きらきら」

氷の結晶たちが、谷川俊太郎さんの文句なく美しい言葉にのり、きらめきます。
*
*
きれいだね
てんからおちてきた ほしみたい
きれいだね
とってもちいさい ほんとうは
たべたいな
なめたら あまいかな
*
*
一つとして同じもののない六角形のその形。
形は無限に変わりその一瞬を捉えた。
それを絵本にした。
そしてその絵本を私たちが手にし、言葉を声にのせ、こどもたちに届ける。

何だかとても神秘なことのような気がします。

それは、人が計算して作ったものではない、嘘のない本当の世界。

生涯をかけて雪の結晶の撮影に取り組んだ、科学映画監督で写真家の吉田六郎さんが、北海道、大雪山のふもとに降った天然の雪を、ひとひらひとひら受けとめ、凍えるような寒さの中、顕微鏡撮影したものだそうです。

本当にずっと見ていたくなるような、美しく儚く繊細で静かな世界。

谷川俊太郎さんが言葉を紡ぎます。
*
*
しずかにつもっていると やさしいけれど
なだれになると おそろしい
きれいだね
でもおかねでかえない ゆびわにできない
*
*
私はこのフレーズが大好きで。

本当に美しく大切なものは、お金で買えない。
飾ったりまとったり、見せびらかすものでもない。

寒い冬の澄んだ空気。

雪を見ることはあまりない地方に住んでいても。雪の美しさや儚さ、楽しさ、そして恐ろしさをそっと教えてくれる絵本です。

写真、言葉そして装丁の美しさがそろった、大人にもおすすめの写真絵本です。

寒い中も小さなお子さんと一緒に、足を運んでくださる方がいらっしゃる。
本当に感謝でいっぱいです。
今月もコトコトステージ「ふわはね絵本のある時間」を、どうぞよろしくお願いいたします。

絵本の時間、親子で一緒に楽しんで行きましょう!

【2月のコトコトステージ開催予定】
「ニャーニャーネコの絵本」
◎2月9日(火)テーマ
午前11時より:はじめて絵本クラス
午後1時より:2~3歳クラス

◎2月19日(金)
午前11時より:0歳クラス
午後1時より:1歳クラス

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページ コトコトステージニュースご紹介ページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程及び内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら


<プロフィール>
内田 祐子(うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。吹田市在住

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。