にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 手仕事が育む、伝統と新しさ。おいしい京都、粋雑貨。 「KYOTO COLOR」開催中。3月1日(火)まで! 【イベント・コトコトレポート】

手仕事が育む、伝統と新しさ。おいしい京都、粋雑貨。
「KYOTO COLOR」開催中。3月1日(火)まで!
【イベント・コトコトレポート】

更新日: 2016/2/28

  •  
  •   mixiチェック
◎2月24日(水)~3月1日(火)  催し最終日は午後5時終了
◎1階 催場
1階 催場では、スイーツやフード、雑貨などを揃えて「KYOTO COLOR」を開催中。今回は、西宮阪急初登場のショップも多数ラインアップ。受け継がれた伝統と新しい発想が、丁寧な手仕事で今様の暮らしにしっくりと寄り添います。
京都・祇園の和洋菓子専門店「吉祥菓寮」。人々のこころを豊かにしてくれるおいしいお菓子づくりをモットーに、厳選された素材本来の力を引き出し、手間をおしまずひとつひとつ丁寧に仕上げています。一番のこだわりは「自家焙煎きな粉」。宮城県産ミヤギシロメ大豆を自家焙煎し、深煎りの焦がしきな粉にすることで色濃く、香ばしさとまろやかさが際立ち、しっかりとしたきな粉の味が感じられます。

焦がしきな粉の濃厚チョコレートケーキ「古都のきな粉ショコラ」。ガーナ産チョコレートとクーベルチュールホワイトチョコを使った“きな粉ブラウニー”。クーベルチュールホワイトチョコと北海道産生クリーム、きな粉で仕上げた“きな粉生チョコ”。スペイン産アーモンド・マルコナの香りとコク深い“きな粉ジョコンド生地”。三層すべてに焦がしきな粉をブレンドしています。抹茶のチョコレートケーキ「古都の葉重ね」には、京都の老舗茶屋「丸久小山園」の宇治抹茶を使用。「わらび餅」は、南九州産本わらび粉を100%使用し、和三盆糖で上品な甘さをプラス。たっぷりとかけられたきな粉は、わらび餅のために特別焙煎。細やかな職人技が光る、至福のおいしさです。

祇園「吉祥菓寮」【西宮阪急初出店】
古都のきな粉ショコラ・古都の葉重ね(6個入り)各1,296円
本わらび餅(150g)1,080円・(230g)1,620円
◎1階 催場


「京都産だけで京都のパン屋にしかつくれない京都のパンをつくる」ことを目標に、パンづくりを営む「Boulangerie OPERA(ブーランジュリー オペラ)」。京都産の素材を中心に用い、熟成期間を持つフランスの伝統製法をアレンジした独自製法によって、風味や食感をより引き立たせています。バケットやクロワッサンには、京都産小麦を使用。パンに使われることの少なかった薄力粉で、扱いが難しくパンづくりの技術力が問われるため、素材に選ぶパン屋はほとんどないのだそう。3日をかけて発酵させ焼き上げたパンは、京都の大地が生んだふくよかな香りに包まれています。

フランスパン生地に京の伝統野菜“九条ねぎ”を練りこんだ「九条ネギ フロマージュ」。冬に甘みの増すねぎとまろやかなチーズとの相性も◎。イタリアでクリスマスに用いられるお祝いのパンとして知られる、パネトーネ。日本人の口に合うようにサイズや食感、口どけにこだわりました。しっかりと味わいの残る生地に加えた宇治抹茶が、ほんのりと漂います。

北野「Boulangerie OPERA(ブーランジュリー オペラ)」【西宮阪急初出店】
京都産小麦 ニシノカオリ(1個)351円、京都産小麦 クロワッサン(1個)251円
九条ネギ フロマージュ(1個)451円、宇治抹茶パネトーネ(1個)351円
◎1階 催場


京都の懐紙専門店「辻徳」。懐紙とは「ふところに入れて携帯する紙」のこと。着物がまだ一般的な普段着だった頃までは、常に懐に入れて持ち歩き、現代でいうティッシュペーパーやハンカチ、メモ用紙など様々な役目を持った便利なものでした。今では、お茶席で使うことが多い懐紙ですが、自由に様々な用途で使える紙として、暮らしの中でお洒落に使う方法も提案しています。

便箋やメッセージカードとして使える越前和紙の懐紙を、さくらの花びらの形に切り抜いた「ひとひら懐紙」。お皿、コースター、紙ナプキンとして、お菓子や飲み物、オードブルなどをのせてみては。様々な用途にアレンジできるシンプルな懐紙。さくらのモチーフを選んで、春の風情も楽しんで。

四条堀川町「辻徳」【西宮阪急初出店】
ひとひら懐紙 さくら(25枚入)540円
zizai懐紙 型抜きさくら(白・型抜き10枚 無地10枚入)・桜(20枚入)各432円
◎1階 催場


風呂敷のお店「Yu-soku KYOTO(ゆうそく きょうと)」。モノづくりの伝統技術や美意識を継承し、現代のライフスタイルに沿う、懐かしくホッとできる品として風呂敷を紹介しています。普段使いで楽しんでほしいという思いから、洋服にコーディネートできるようなモダンなパターンや遊び心のあるデザイン画を取り入れ、綿や綿麻などホームクリーニングできる素材も使用。糸の太さによって凹凸感の異なる丈夫なかわり織りで、染色はおもに京都や大阪、縫製は京都で行っています。

フィンランドの老舗テキスタイルブランド「フィンレイソン」。北欧の自然や動物、四季の移り変わり、昔ながらのフィンランドアートなどをモチーフにした伝統あるデザインを、リバーシブルクロスにアレンジしてみました。バスケットに様々なハーブが入っているかのような、フェミニンなプリント。包むことの楽しさをデザインに取り入れた、遊び心のある1枚です。簡単につくれるしずく形にまとめると、絵柄がよりリアルに見えますね。店頭では、包み方のアドバイスやレシピも紹介。

五条新町「Yu-soku KYOTO(ゆうそく きょうと)」【西宮阪急初出店】
「フィンレイソン」リバーシブルクロス105(約105×105cm)3,780円
「浅山美里」綿二四巾風呂敷(約97×97cm)2,160円
◎1階 催場


手仕事が育む、伝統と新しさ。「KYOTO COLOR」は、3月1日(火)まで。ぜひ、お見逃しなく。

イベント・コトコトレポート 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。