にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > もっとワクワク、夏休みを楽しもう! ママクリエーターユニット「DREMAM(ドリマム)」夏まつり♪ 【イベント・コトコト開催報告】

もっとワクワク、夏休みを楽しもう!
ママクリエーターユニット「DREMAM(ドリマム)」夏まつり♪
【イベント・コトコト開催報告】

更新日: 2016/8/12

  •  
  •   mixiチェック
◎8月6日(土)
◎4階 子育てコミュニティールーム
子育てや家事をこなしながら、女性として自分らしくありたい!という夢をかなえようと、ママたちが互いに助け合い、補い合い活動を続けるプロの主婦クリエーターユニット「DREMAM(ドリマム)」。夏休みのこどもたちにもっと楽しんでもらおうと、「DREMAM(ドリマム)」認定講師のママクリエーターが集まり、ワークショップが行われました。


カルトナージュの作品づくりやレッスンを開催する「Rencontre(ランコントル)」カルトナージュ作家、佐々木直子さん。可愛らしくて実用的な、暮らしに溶け込む生活雑貨を通じて、手づくりの楽しさを伝えています。今回は、カルトナージュのクリップバインダーや貯金箱づくりをおしえてくださいました。

お友達同士で参加した女の子は、ハウス型の貯金箱をチョイス。厚紙に優しいピンク色の布を貼って屋根をつくりはじめました。途中でちょっと困っていたりすると、互いに声をかけたりしながら手を進める様子に、ほのぼの。組立てた屋根と底板をつけ、扉や窓、キャンディーのデコレーションをセット。夢のある可愛い作品がひとつずつ完成しました。


「ぱんだちゃんのお名前はんこ」消しゴムはんこ作家、吉田ゆかりさん。阪神間を拠点にイベント出店し、年間2,000個を超えるお名前はんこを手がけています。ワークショップでは、プラ板にはんこで柄をつけて3Dリボンチャームをつくります。

プラ板の片面をサンドペーパーで削り、水色のパステルをけずって伸ばします。女の子はストライプのリボンをつくろうと、ブルーのインクをつけたはんこで慎重に模様をのせました。オーブントースターでプラ板に熱を加えると、キューッとコンパクトに。成形したリボンとチャームをチェーンに組合せると、素敵なバッグチャームが出来上がりました。


阪神間を中心にイベントやキッズワークショップを開催する「apricco(アプリッコ)」革小物作家、青木まきさんによるワークショップ「リボンで作ろう!むしさんフレーム♪」。リボンでつくったカラフルな昆虫とモスやサンドでフレームを飾り、オリジナルフォトフレームに挑戦します。

好きな色のリボンを選んではじめる虫さんづくり。女の子が手順に沿ってリボンを留めていくうちに、てんとう虫とちょうちょが簡単に完成。お茶目な表情も浮かび上がりました。フレームは、ライトブルー×グリーンの爽やかな色合いに。女の子のママもハンドメードに興味があるよう。優しい雰囲気の可愛いフレームに、女の子もママも嬉しそうでした。


手に取った方が笑顔になれるような、ぬくもりのある作品づくりを目指し、羊毛フエルトを用いた雑貨制作や、羊毛フエルトのレッスン講師として活動する「*azaz*」雑貨クリエーター、清水あずみさん。ワークショップでは、羊毛フエルトでお魚や乗り物のモビールづくりを体験。

羊毛を少しとって丸め、お魚のベースにのせて専用の針でさしていくと、だんだん模様が出来てきます。目を入れ、好きな色の羊毛をさして、ストライプや水玉模様をつくります。プスプス、プスプス。静かに作業を続けながら、「楽しい。」と女の子はつぶやき、さらに手を進めます。出来上がったお魚をモビールに取り付けて完成。色鮮やかな3匹が、気持ちよさそうに仲良く揺れています。


こどもたちは嬉しそうに写真に収まると、次々にワークショップに参加していきました。

イベント・コトコトレポート 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。