にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > パパのベビーマッサージで、オトコの育児話しました♪ 【南田理恵の子育てサロン】

パパのベビーマッサージで、オトコの育児話しました♪
【南田理恵の子育てサロン】

更新日: 2016/9/20

  •  
  •   mixiチェック
こんにちは
産前産後ケアサポート「ママズケア」助産師の南田理恵です。
桃の季節が終わり、りんごや栗がならび、
こども達に、旬の果物のおいしさを楽しませてあげられる、
楽しい季節となりました。
毎月第2土曜日は、「パパのベビーマッサージクラス」を開催しております。
ママもご一緒にご参加される場合もありますが、
パパがタオルをしいたりと準備もがんばります

「ベビーマッサージ」は、
家族や親子が心を通じ合わせるひとつの方法です。お歌を歌いながら、赤ちゃんの心と身体のペースに合わせながら、優しくゆっくりなでてあげることなのです。

私は「推掌式」といって中医学の漢方の考え方を取り入れた手技ですので、「夜泣きや便秘などのときは、このツボも優しくなでて♪」など、赤ちゃんの不快な症状を和らげてあげるマッサージもお伝えしています。

赤ちゃんをお風呂に入れたことがあるパパでも、
じっくりと赤ちゃんの身体をなでさすることは恐る恐る。。。でも、すぐに慣れてきました。
赤ちゃんにも笑顔が

はいはい大好き♡でじっとしているのが苦手な子も、
ママが抱っこしてパパがマッサージしている1分くらいの間は、リラックスして気持ちが集中しているようです。
お膝をくるくると円を描くようにマッサージしました。
はいはいから立っちへと、丈夫な脚になるように。
膝の関節のマッサージ
ぼうず ぼうず かわいときゃ かわいけど
にくいときゃ ぺしょん

と歌いながらくるくるとお膝をなでましょう。

高い高い
赤ちゃんは、ちょっとドキドキするような体験も大好きです。
力強くパパに高い高いしてもらえれば、
わくわくドキドキの気持ちで、笑顔です

クラスの流れは、
ごあいさつ→絵本→お遊び→ベビーマッサージ→体重計測のあとは、授乳&お茶タイム。
パパとママに分かれて、お話します。
今回のパパグループのテーマは
「こどもが生まれてから心がけていること」

・週のうち2日は、早く帰りお風呂にいれるようにしている。

・ToDoリストを作って、こなすようにしている。

・奥さんがやると10分でも、自分がすると20分かかるので、やらない方がよいのか悩む。

・寝かしつけの最中に帰ると良くないので、早く仕事が終わっても、外で時間をつぶしている。タイミングが難しい。

・飲み会を断る理由ができてよかった。

・ゴルフ、サッカー、ジムなど自分のやりたいことができなくなった。

などなど。パパからも気持ちがいろいろでてきました。私が感じたのは、家族をとても大切にしていて、ママに気をつかっているパパが多いなあということです。
みなさん幸せそうで、とてもよい雰囲気でした。
パパだけでも、ママと一緒でも。ご参加お待ちしております。

パパのベビーマッサージクラス
日時:毎月第2土曜日午後1時30分~3時
場所:西宮阪急4階 子育てコミュニティールーム
申込は西宮阪急コトコトステージ (WEB予約)

南田理恵の子育てサロン 関連記事はこちら


<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授・ママズケア代表
“ママと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた活動を展開。子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。