にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 妊娠したかも♪妊娠初期のお話 【南田理恵の子育てサロン】

妊娠したかも♪妊娠初期のお話
【南田理恵の子育てサロン】

更新日: 2017/3/7

  •  
  •   mixiチェック
みなさん♪こんにちは
助産所ママズケアの南田理恵です。
産後ケアサポートを中心としており、
お産はしていない助産所です。
私は「助産師」です。
妊娠する前は、あまりお付き合いがないかもしれません。
助産師は、看護師ではありません。
看護師は、医療のサポートが主な仕事です。
助産師は、看護師の資格をもった上で、さらに勉強をして、
女性の妊娠・出産・子育てをサポートする
「お産の専門家(プロ)」です。

妊娠・出産は病気ではなく、
健康だからできることなのです。
昭和40年代までは、助産師が寄り添いながら、
自宅でお産する人がほとんどでした。
アメリカには助産師がいません。
戦後の占領下で、医師の指示のもとで動く
アメリカ式の産科看護師が増えていき、
今では、自宅で産む人が少なくなりました。
それでも、助産所や家庭で出産する方が、
お産全体の1割くらいおられ、
助産師は病産院や地域で、
お産のプロとして、
ママ達のお手伝いをしています。

命は、
受精卵から始まります。

女性は母親の胎内にいるときから、
約400個の卵子の元卵原細胞をもっていて、
毎月1個が選ばれて排卵されます。

精子は2~3億個がでてきて、
卵子にたどり着けるのは、
100個くらい。
そのうちの1個だけが卵子と出合い、
受精卵となります。
数日かけて子宮の中にはいり、
着床して赤ちゃんとなります。

お腹の赤ちゃんの大きさ
      身長   体重
妊娠7週目   約2cm  約4g
妊娠12週目 約9cm  約30g
妊娠16週目 約16cm  約60g

生まれる時には、
身長約40cm 体重3000gくらいになるのです。

赤ちゃんが大きくなるためには、
子宮がよい環境でなければいけません。
定期検診をうけることにより、
妊娠中の食生活、運動、日常の生活が順調かどうか、確かめることができます。

つわりや貧血を楽にするためのコツは?
身体が痛くなることを予防する運動は?
お仕事との両立で気をつけることは?

などなど妊娠すると、
気になることがたくさんありますね。

西宮阪急では、
3月から毎月「プレママカレッジ」を開催したします。妊娠中に知っておきたいことを、4回にわけてお伝えいたします。
1回ずつ参加していただくことができます。

初めての妊娠した方、二人目以上の方もぜひ、
妊娠中からお産、育児までのお話を聞いていただいて、ご自分らしいお産をみつけてくださいね。

産前産後ケアサポートママズケアプロデュース 「プレママ1dayカレッジ」

南田理恵の子育てサロン 関連記事はこちら


<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授・ママズケア代表
“ママと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた活動を展開。子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。