にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > はじめての赤ちゃんの靴の選び方 【南田理恵の子育てサロン】

はじめての赤ちゃんの靴の選び方
【南田理恵の子育てサロン】

更新日: 2017/3/21

  •  
  •   mixiチェック
こんにちは!
助産所ママズケアの南田理恵です

桜のつぼみもふくらみ、春はすぐそこまできています。
暖かくなると、赤ちゃんを連れての外出もしやすくなりますね。
お家の中で、よちよち歩きの赤ちゃん。
お外を歩かせてみたいですよね。


あんよの時に、お靴はどうしたらよいのでしょう。
お祝いでいただいたお靴があるけど、うちの子の足にあうのかしら?
先日の「おやこサロン」で、お靴をテーマにお話会をいたしました。

西宮阪急4階 ベビー・こども靴売場のシューアドバイザーさんに、
ひとりずつサイズを測っていただきました。

立っちして測るので、
お子さんをかかえて立たせます。
生後5ヵ月から1歳2ヵ月の子たちで、
10センチから11.5センチと、身体の大きい子はやはり足も大きいですね。

全体的に、ママたちが思っていたよりも、
大きいあんよの子たちでした。

「お祝いでいただいたお靴と、同じサイズだわ」

足の大きさより1センチ大きいお靴がよいです。
あんよの時には、
足の指がぐっと開きますので、
つま先に余裕がある方がよいです。

サイズ選びは、
シューフィッターさんのアドバイスがあった方が
心強いですね。

はじめてお靴をはかせる時期

ヨーロッパは靴の文化の国々ですので、
乳児健診でも身体の成長と共に、
足の成長発達チェックもあるそうです。

スペインからの里帰りのママさんは、
生後7ヵ月の子をはだしで、
ベビーカーに乗せて歩いていたら、
見知らぬ婦人から、
「あなた!お靴がないの!?買ってあげましょうか」
と言われたそうです。

赤ちゃんであっても、
お靴をはかずに外出するなんて、
マナー違反ということです。

日本には文化として、
外出するときに歩かない赤ちゃんには、
靴をはかせませんが、
お靴に慣らすために、生後6ヵ月頃から、
お外に出るときは、
靴下やお靴をはかせるとよいです。

靴下とお靴がいっしょになった
「Attipas」は、
室内の床をよちよち歩きした時に、
滑らないですし、
お靴に慣らすという意味ではよいですね。

まずは、
「お外に行くときは、抱っこでもベビーカーでもお靴をはく」
という習慣をつけていきましょう。

どんなお靴を選んだらよいのか

ファーストシューズ

赤ちゃんは、土踏まずが完成しておらず、
バランスよく歩くのは難しいため、
ペタペタ歩きます。

歩きたい気持ちを妨げずに、
はだしのように歩けるお靴がよいですね。

「お靴の底がツルツルで、かかとの柔らかいもの」
などがありますが、
これは歩くためのものではなく、
お祝いの贈答用だったり、
慣らすためのものだったりします。

本格的に歩くまでの間の練習用ですね。

よちよち歩くようになれば、

底は滑り止めが付いている。

足首はミドルカットで、
かかとが硬くなっているものを選ぶようにしましょう。

サイズはどうしたらいいの?

お靴のサイズは、
こどもの足よりも、
1センチ位大きめのものを選びます。

赤ちゃんの足は、
3歳までは3ヵ月で5ミリ、
半年で1センチ大きくなります。

ファーストシューズで3ヵ月くらい慣らしたら、
セカンドシューズにかえていきます。

セカンドシューズは、
靴底がさらに硬く、
石があったりでこぼこの地面でも、
クッションがあるので、
痛くないようにしています。

公園を小走りするくらいになったら、
セカンドシューズにしましょう。

おさがりをいただくこともありますが、
靴はその子その子の癖が出ますので、
やはり新品を買ってあげるのがよいですね。

西宮阪急4階 ベビー・こども靴売場には、
シューズアドバイザーがいるときがあります。
ぜひ、いちどご相談くださいませ。

南田理恵の子育てサロン 関連記事はこちら

<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授・ママズケア代表
“ママと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた活動を展開。子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。