にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 道端に咲く花を愛でるの絵本のススメ 【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

道端に咲く花を愛でるの絵本のススメ
【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2017/3/28

  •  
  •   mixiチェック
三寒四温、春の雨を繰り返しながら、確実に春はその存在を大きくしています。

今回ご紹介する絵本は、この季節になると読みたくなる。
この絵本に出合ってから、道端に咲く小さな雑草と呼ばれる草花が愛おしくなった。そんな一冊です。
福音館書店より「のげしとおひさま」

のげしが飛ぶカエルを見てつぶやきます。

いいなあ、かるさんは。
ぴょーんと とんで、すてきな ところへ いけるから。

そして働くアリたちを見て・・・。

いいなあ、ありさんも。
せっせと あるいて、すきな ところへ いけるから。

そして優雅に飛ぶ蝶やてんとう虫を見て・・・。

ちょうちょさんも いいなあ。
てんとうむしさんも いいなあ。
たのしそうに そらを とびまわってる。

わたしは たっているだけ。
どこにも いくことができない。

擬人化された絵でもないのに、いやむしろ写実的に描かれている、のげしが話す声が聞こえてきます。

自然・科学の絵本にも分類されるような、でもお話の絵本。
雑草をこよなく愛し、愛で共に暮らし続けた甲斐さんだからこそ描けるのだと思います。

のげしは大好きなお日さまに聞いてみます。
「おひさま、わたしも どこかへ いきたいわ」

おひさまは いいました。
「わたしの ひかりを いっしょうけんめい すいこんでいれば、きっと どこかへ いけますよ」

自然に親しむ絵本のようでありながらも、人生経験を積み知識を得、いいことも面白くないことも含め歩む大人の日々の中で読むと、これまた何か違う深きメッセージを感じずにはいられません。

さぁ、のげしはどうなるのでしょうか。


絵本の素晴らしさ、奥深さ、大切さを感じる一冊です。

【3月・4月の「ふわはね絵本のある時間」コトコトステージ開催予定】

絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむおやこの教室「ふわはね絵本のある時間」。

絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。幼い子との暮らしがより豊かにちょっと賢くなる絵本術、子育て術を伝授します。

3月テーマ「春だよ絵本」
◎3月31日(金)
午前11時より:2~3歳クラス
午後1時より :フリークラス(幼稚園小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんもお待ちしています!)

4月予定
◎4月11日(火)
午前11時より:0歳クラス
午後1時より:1歳クラス

◎4月22日(土)
午前11時より:2~3歳クラス
午後1時より :フリークラス(幼稚園小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんもお待ちしています!)


詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページコトコトステージニュースページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程および内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)
皆さまのご参加をお待ちしております。

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら

<プロフィール>
内田 祐子(うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。吹田市在住。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。