にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 知恩寺の名物市から22店が集合! 「京都・百万遍さんの手づくり市」開催中。4月4日(火)まで! 【イベント・コトコトレポート】

知恩寺の名物市から22店が集合!
「京都・百万遍さんの手づくり市」開催中。4月4日(火)まで!
【イベント・コトコトレポート】

更新日: 2017/4/1

  •  
  •   mixiチェック
◎3月29日(水)~4月4日(火)  催し最終日は午後5時終了
◎1階 催場
1階 催場で開催中の「京都・百万遍さんの手づくり市」。今回は、名物市からウエアや雑貨、テーブルウエアなどを手がける22店が集まりました。


特別な日のためでなく、毎日気に入って着てもらえることにこだわった、レディスウエアをつくるアトリエ「utata(ウタタ)」。授かったこどものために自分流の子育てをしたいと、肌着をつくったことがきっかけで、モノづくりを始めました。

肌ざわりの良い素材や、着心地の良さを大切にしたアイテムが揃うコーナー。春風を感じる軽やかなリネンのガウンコート。すこしハリのある風合いも、洗うたびに柔らかく、肌に馴染んで来ます。インナーのブラウスは、袖にコットンレースのアクセント。サルエルパンツは、オフホワイトに細いブルーストライプデニムで仕立てました。

「utata(ウタタ)」
ガウンコート(麻100%)8,640円、ブラウス(麻100%、レース部分:綿100%)5,400円、サルエルパンツ(綿100%)7,020円
◎1階 催場


京都で育まれた伝統技法「手描き京友禅」で、着物を制作する工房「植物染めDOUSEN(ドウセン)」。培われてきた京友禅染めの技術を活かし、華やかで気持ちが明るくなるような草木染めのストールを揃えています。

シルクやリネン、シルク×コットンの生地は、シーズンによって糸の太さをかえ、京都でつくるオリジナル仕様。素肌に直接触れるものだからこそ、素材への想いを大切に選んでいます。爽やかな色合いの藍染のしぼり。ふんわりと柔らかな色調のストールは、ザクロと黄金花から抽出した染料で1本ずつ丁寧に染め上げました。

「植物染めDOUSEN(しょくぶつぞめ ドウセン)」
草木染めストール(絹38%・綿62%/植物調合手染め)
一色ぼかし5,832円・多色ぼかし6,372円
◎1階 催場


岐阜県土岐市に陶磁器づくりの工房を構える「泰青庵(たいせいあん)」。日常の食器として使ってほしいとの想いから、お料理が柔らかく美味しく目に映り、洗いものがしやすいよう、オリジナルブレンドによる青土と釉薬を使っています。

高温で焼き上げることで、手にすると見た目以上に軽さを感じる器の数々。野の草花のはかなくもある風情、大胆な筆致の力強さ、幾何学的な小花のアレンジ。その形や古染付けで描かれる絵模様には、制作に携わる親子3人それぞれの個性が豊かに表現されています。

「泰青庵(たいせいあん)」
パスタ皿2,268円、スープカップ2,700円、茶碗1,944円、冷酒器5,184円
◎1階 催場


木肌の美しさと堅く耐久性のある木材として知られる、チーク。中でもタイ政府が国の財産として計画的に植林した、シリアルナンバー付きのチーク材を使った、カトラリーやお皿、箸置きなどを紹介する「木Labo(コラボ)」。

オーナーデザイナー自らがタイの工房へ赴き、製造技術をレクチャー。手作業を中心とした工程を支える職人の育成こそが、製造される木工品の仕上がりの完成度にも繋がっています。同じものでも異なる表情やサイズ感、節目や自然にできた穴、木目の色は濃淡も様々。触って、見て、選ぶ楽しさも会場で味わえます。

「木Labo(コラボ)」
チークスプーン378円、チークバターナイフ378円、チークデザートフォーク432円、チークミニトング540円、チーク調理サーバー1,620円ほか
◎1階 催場


「京都・百万遍さんの手づくり市」は、4月4日(火)まで。どうぞ、お見逃しなく。

イベント・コトコトレポート 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。