にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 親子で楽しくマネー教室 ~キャサリンとナンシーのお店屋さんごっこ 【イベント・コトコト開催報告】

親子で楽しくマネー教室
~キャサリンとナンシーのお店屋さんごっこ
【イベント・コトコト開催報告】

更新日: 2017/4/5

  •  
  •   mixiチェック
◎4月1日(土)
◎4階 子育てコミュニティールーム
お金がどういう存在なのか、遊びを通じて親子で考えるきっかけになってくれればいいなと企画された「親子で楽しくマネー教室」。今回は、ファイナンシャルプランナーであり、キッズマネーステーション認定講師でもある、西岡奈美さん(ナンシー)と竹内かおりさん(キャサリン)をお迎えして、楽しいひとときを過ごしました。


みんなの身近にあるお金の種類について、最初に考えてみましょう。知っているお金がありますか?丸いお金が6種類、四角いお金が4種類。この中の3種類を使ってお店屋さんごっこをします。みなさん、どんなお店屋さんになりたいですか?ちょっと迷いますよね。そんなときにぴったりな可愛い絵本がありますよ。

ナンシーが手に取ったのは、さいとうしのぶさん作「おみせやさんでくださいな!」。お歌を歌いながら、絵本の中のお店を紹介します。おやおや、お店の中をよく見ると、面白いものが隠れています。絵本に近づいて探し始める、こどもたち。ページをめくるたびに待ち受けるサプライズに、どんどん夢中になっていきました。

さいとうしのぶ(作)/「おみせやさんでくださいな!」/リーブル

お店屋さんのイメージが膨らんだところで、こどもたちは品物を仕入れ、開店準備。看板をつくり、品物をきれいに並べ、カードに値段を書き込みます。パン屋さんの女の子、ちょっと考えている様子。ナンシーにお店のお金を預かり、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」の練習が済むと、お客さまを迎える準備が整いました。

こどもたちが開店準備をしている間、子育てママでもあるキャサリンは自身の経験を交えながら、パパママたちへおこずかいのヒントをアドバイス。モノが溢れ、モノを選び買うことが難しくなってきています。こどもの頃からお金をつかう体験をさせてあげることが大切。こどもの年齢に合わせて、お金の預け方や使い方を工夫してみましょう。

こどもたちがワクワクしながら待つお店。「いらっしゃいませ」の声で、お金を持ってやってきたパパママを迎えます。会話を交わしながらいろいろなお店でお買物、そして「ありがとうございました」。どのお店も、どんどん品物がなくなって店じまい。こどもたちは手元のお金が増えていることに気づきました。


今度は「お金はどこからやってくる?」というクイズに挑戦。3番の答えにこどもたちは元気よく手をあげました。お金ははたらいてもらいます。はたらいてくれて「ありがとう」という気持ちがあるから、お給料がもらえます。

お金は「ありがとう」という気持ちと一緒に動いています。お店屋さんとお客さまとの間では売ってくれてありがとう、買ってくれてありがとう。お金は「ありがとう」の交換なのです。


今日の遊びの体験が、お家でお金について考えるきっかけになってくれるといいなと思います。そんなナンシーのあいさつで、イベントは終了。したものの、絵本をもっと楽しみたいとキャサリンの周りに、たくさんのこどもたちが集まってきました。

イベント・コトコトレポート 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。