にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 交通ルール。こども達の心にそっと止める届ける絵本のススメ! 【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

交通ルール。こども達の心にそっと止める届ける絵本のススメ!
【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2017/4/25

  •  
  •   mixiチェック
4月も後半に。
そろそろ新しい生活にも慣れてい来る頃でしょうか。
気持ちの糸が切れたり、知らぬ間に心も体も疲れが出る頃かもしれません。
小学生の交通事故は、入学や進級直後の4月と比べ、5月~7月に増える傾向にあると言われています。
少し慣れたころ。新しい友人もでき行動範囲が広がる一方、交通ルールもまだ十分に身についていない。
そしてなんだか、お兄ちゃんお姉ちゃんになったような気持ちが大きくなることも、一因かもしれません。

そんな時こそ絵本の出番。
こんな絵本はいかがでしょうか。

あかね書房より2017年4月に出たばかりの新刊です。
「しんごうきピコリ」ちょっとおかしなしんごうきのはなし。

パトカーさんが信号のおはなしをはじめます。
ピコリ!
あおになりました。くるまはどうするかな?
そうだよね。
あおは「すすめ」くるまはすすみます。

お次はピコリ!きいろになりました。
お次は赤に。ピコリ!あれれ?お次はピンク?オレンジ??

信号の色がおかしな色に変わったら、車はどうするのでしょう。

味のある楽しい絵にこどもたちも興味津々。

絵本はこども達にたくさんのことを教えてくれます。
でもそれを決して知育や教育の教材として、手渡してほしくないなと思っています。
この絵本を交通ルールを教えてくれる絵本です、とは紹介したくありません。

大切なことを教えてくれながらも、押しつけがましくなく、この本読んだらこうなるだろうという、大人の魂胆が見え見えの絵本なんて、とてもつまらないと思うのです。

でもさりげなくこどもたちが気づく、心に止まる、とどまるものこそ、親をそっと助けてくれたりするのかもしれません。

今回ご紹介するこの絵本も、きっとそんな絵本のような気がしてなりません。

【5月の「ふわはね絵本のある時間」コトコトステージ開催予定】

絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむ、おやこの教室「ふわはね絵本のある時間」。

絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。幼い子との暮らしがより豊かにちょっと賢くなる絵本術、子育て術を伝授します。

5月のスケジュール
◎5月9日(火)
午前11時より:はじめて絵本クラス
午後1時より:2~3歳クラス

◎5月23日(火)
午前11時より:0歳クラス
午後1時より  :1歳クラス

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページコトコトステージニュースページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程および内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)
皆さまのご参加をお待ちしております。

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら


<プロフィール>
内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰  
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。