にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 待っていました♪武庫一寸そら豆 わたまでも美味しい!! 【伊藤由香-小さな食憶】

待っていました♪武庫一寸そら豆 わたまでも美味しい!!
【伊藤由香-小さな食憶】

更新日: 2017/5/15

  •  
  •   mixiチェック
新緑眩しく、汗ばむ陽気に誘われて、ベランダに小さなレモンの木を育て始めました。

柑橘類の葉はアゲハ蝶が大好き!はらぺこ青虫に食べられてしまうようで、卵を産んでいないかな、青虫くんはいないかな、と日々の観察はかかせません。いつか黄色の実をつけてくれることを夢みて、水やりをしている娘と私。


こんにちは。野菜ソムリエプロの伊藤由香です。

緑の眩しさにピッタリな西洋そら豆。よく見かけるそら豆より長く、豆が一回り程小さい姿をしています。JA兵庫六甲こだわり野菜の会 島中さんオススメ、ペコリーノチーズと重なったときの西洋そら豆の美味しさというものを、幾度も挑戦し噛みしめていたこの5月。

そして、ついに待っていました。武庫一寸そら豆を楽しめるシーズン到来です。JA兵庫六甲こだわり野菜の会の皆さまとご一緒に、先週キッチンステージにてご紹介させていただきました。(左より 西治さん、高寺さん、野菜ソムリエプロ荒川さん、遠藤さん)

兵庫県で栽培された豆が、日本のそら豆のはじまり!!と言われている伝統野菜。その長い長い歴史がさらに魅力となり、幻のそら豆とも言いたくなる「武庫一寸そら豆」です。

今年は!ワタも美味しい、武庫一寸そら豆!でご紹介いたしました。

ご一緒させていただいた荒川さんからワタの美味しさを教えてもらい、2人であれやこれやと夢中になって作っているうちに、そら豆とワタの虜。

ワタとそら豆を食べやすいよう、先に包丁で切れ目を入れてさやを開きます。食べることはできますが、豆の皮が気になる場合はくぼみに爪を入れて上に向かって上部の皮をはずし、全体を剥きます。ワタの片面に白みそを塗り、上になるよう元の姿に戻します。後はグリルであれば強火、蓋のできるフライパンであれば中火弱、途中返して蒸し焼きにすること10分。

そら豆だけでなく、ワタもスプーンですくっていただきます。

すると、ワタが味噌と絡まり、とろん、とまるで和え衣のよう。そもそも風味豊かな、粒の大きい武庫一寸そら豆。ふわふわベッドに包まれて贅沢な野菜だな、と毎回思っていましたが、端までしっかりこそげて食べてしまうほど♪貴重な兵庫県の伝統野菜を余すところなくいただけるのも魅力です。

「こうなることは当然だね!」と、武庫一寸そら豆を食べ終わった穴が開きそうな皮の様子に、家族中で吹き出しました。

白みそ以外に、甜麺醤や豆板醤に代えれば中華風になり、アレンジはいろいろ。
蒸し焼きした後、パルミジャーノやペコリーノチーズを削れば軽いおつまみになりますし、ベーコンのみじん切りにクリームチーズを混ぜ焼いても♪水切りした豆腐30g、海老6尾、少量の生姜、酒、塩を混ぜたものを、武庫一寸そら豆と共にさやにのせて蒸し焼きすれば、少しボリュームある一品にもなります。もちろんシンプルに塩でいただくのも◎!

今までさようならしていたのを後悔します。改めてワタって何かしら?

ワタは内果皮にあたり、まだ小さなそら豆(種子)を寒さや乾燥などから守っている役目なのですって!そしてこのフワフワのワタに葉、根から送られてきた養分を蓄えておく、一時的な貯蔵庫の役割もしているそう。甘味成分が多いのも納得です。

豊富なたんぱく質、ビタミン、ミネラルやそら豆特有の香り、甘味のブドウ糖やショ糖など収穫後から減っていきます。昔から「おいしいのは3日」と言われるほど鮮度が落ちやすいので、早く冷蔵庫に入れて美味しいうちにいただきたいものです。短い貴重な武庫一寸そら豆の旬もあと1週間余りとのことですから、ぜひ手に取ってみてくださいね。

・・・
親子セミナーは5月23日(火)、6月22日(木)です!
キッチンステージは再び、JA兵庫六甲こだわり野菜の皆さまとご一緒に、6月30日(金)を予定しております。

伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら


<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。