にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 絵本で出合う。その扉をあけるのススメ。 【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

絵本で出合う。その扉をあけるのススメ。
【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2017/7/11

  •  
  •   mixiチェック
週末、今年初めての蝉の声を聞きました。
二十四節気、小暑を過ぎた途端に聞くその夏の声は、また暦の凄さを見せつけられた気分でした。

夏になると読みたくなる、いや読まねば、と思う絵本があります。
福音館書店より「トマトさん」

こんなに、インパクトの強い絵本があるでしょうか。
食わず嫌いだったトマトを食べた瞬間から、何だかくせになるような。もっと食べたくなるような。
噛めば噛むほど味が出るタイプの絵本です(笑)

ある なつの ひるさがり。
まっかに うれた トマトさんが トマトのきから どった、とおちた。
太陽がぎらぎらと照って暑くてたまらない。

小川には、ミニトマトたちが「ころころ ぽっちゃん、こんなに あつくちゃ ころころ ぽっちゃん ひからびちまう」と小川に飛び込んでいく。

羨ましいトマトさん。でも体が重くて転がれない。
虫たちの言葉にも素直になれないトマトさん。
ずんずん暑くなってぴかぴかのほっぺが痛いくらいに。
とうとうトマトさんは、まぶたをしんなりと閉じた。
そうしてぽとりと甘い匂いの涙を落した…。

さぁ、トマトさんはどうなったのでしょう。

ギラギラ光る太陽の痛いくらいの日差し。
小川の冷たい水の心地よさ。
水から上がったトマトたちにそよぐ風の心地よさ。
五感を刺激しながら、トマトさんになり一緒に感じる。THE夏の絵本です。

夏は、心も体もぐんと成長する季節と言われます。
たくさんの経験や体験がその心を豊かにし、その体を強くしていきます。
その最初の一歩は絵本から。
「あつくてほっぺがいたいくらいになった」
「こんなにあつくちゃひからびちまう」
こども達の中に絵本は住み、引き出しができ、そして豊かにその心を表現してくれます。
絵本で出合う、絵本がその扉をあけてくれるかもしれません。

7月のスケジュール 

◎7月11日(火)
午前11時より:0歳クラス
午後1時より  :1歳クラス

◎7月22日(土)
夏休み企画!お兄ちゃんお姉ちゃん集まれ!
午前11時より:2-3歳クラス
午後1時より  :フリー歳クラス

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページコトコトステージニュースページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程および内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)
皆さまのご参加をお待ちしております。

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら

<プロフィール>
内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰  
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽し み方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。