にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 10月4日は十五夜。 お子さんと一緒に、お団子づくりしませんか? 【阪神間ママブログ~美食編~】

10月4日は十五夜。
お子さんと一緒に、お団子づくりしませんか?
【阪神間ママブログ~美食編~】

更新日: 2017/9/28

  •  
  •   mixiチェック
◎2階 メゾン・サントノレ 「富澤商店」
秋の夜、虫の音を聞きながら澄んだ夜空を眺めていると、ほっとします。昨年は、県主催のイベントで、息子がアフリカの生地を用いて、綺麗な満月とススキ、お団子とお月見を型どったしおりをつくっていたので、今年は、親子でお月見団子をつくろうと思いたちました。


早速、西宮阪急 2階のメゾン・サントノレ「富澤商店」へ。お月見団子づくりにおすすめの材料を教えていただきました。

お月見団子によく使用される「上新粉」や「白玉粉」。
お団子の基本的なつくり方は、お塩、お砂糖を加え、水を少しずつまぜて耳たぶくらいの固さになったら、丸めて茹でます。初めは全部沈んでいますが、浮いてきたらざるですくいとります。
お子さんと一緒につくる場合は、柔らかく、お団子をつくりやすい「白玉粉」の方がおすすめだそう。

「富澤商店」 新潟県産 特 上新粉(200g)281円、特上白玉粉(200g)357円
◎2階 メゾン・サントノレ

お団子の色付けとして人気なのが、お野菜のフレーク。「上新粉」、「白玉粉」いずれも100gに対して、フレークを20g混ぜると、素材の色を活かしたカラフルなお団子の出来上がり。白一色では物足りない方にもおすすめの一品です。

「富澤商店」 かぼちゃフレーク(100g) 400円、紫さつま芋フレーク(150g) 670円
◎2階 メゾン・サントノレ

お団子が出来上がったら、あんを添えると風味が増します。
白こし餡に徳島県産の鳴門金時を加えて丁寧に仕上げられた「鳴門金時芋あん」。
白こし餡に南九州産の紫芋を加えて丁寧に仕上げられた「紫芋あん」。
白こし餡に天津甘栗を加えて丁寧に仕上げられた「甘栗あん」。
秋を感じる食材でつくられた餡はカラフルで、いただく楽しみも増えそう♪

「富澤商店」鳴門金時芋あん(300g)486円、紫芋あん(300g)432円、甘栗あん(300g)465円
◎2階 メゾン・サントノレ

甘味が苦手な方には、シンプルにきな粉をまぶしたお団子も好評です。

「富澤商店」 きな粉(180g) 297円
◎2階 メゾン・サントノレ

材料が揃ったところで、一安心。十五夜お月様と美味しいお団子。お天気だといいな。


<プロフィール>
くすのき
県内の大学卒業後、不動産サービス業に従事。第2子出産のため、退職。日本語教師他、地元NPOで教育に関わるボランティアを行う。二児の母。趣味はランチ、ヨガ。

阪神間ママブログ ~美食編~ 関連記事はこちら

【TOPICS!】
西宮阪急のポイントカードは全館でお使いいただける優れモノ!
貯まったポイントは、当日の次のお買物からすぐにご利用いただけます。
さらに、メールアドレスをご登録いただくと100ポイントプレゼント!
詳しくは売場係員にお問い合わせください。

西宮阪急ポイントカードの詳細はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。