にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 寒くなるとできるお乳の白斑のお手入れをしましょう 【南田理恵の子育てサロン】

寒くなるとできるお乳の白斑のお手入れをしましょう
【南田理恵の子育てサロン】

更新日: 2017/11/21

  •  
  •   mixiチェック
みなさん、こんにちは。
芦屋と宝塚で助産所を運営しているママズケアの南田理恵です。
毎月200名くらいのママと赤ちゃんとお会いしています。
最近、寒くなってきたためか、
お乳の流れが悪くなり、母乳が出にくい方が多くなっています。


今回は、母乳のトラブルの原因と対処法についてお話いたします。
特に乳首の痛みは、傷などがない場合、
周囲の方にはわかってもらいにくいものです。

赤ちゃんも、
「のみにくいよ~」とご機嫌ななめになったり。。

下の写真は、白斑のケア中に乳腺の中から出てきたものです。

衣服の繊維や、母乳パットに含まれるポリマーが、乳腺に入り込み、詰まったものであることが多いです。

対処方法としては、

●詰まっている方から飲ませる

●身体が冷えないようにする
 →具体的には。。
    常温以上の飲み物をのむ。外出時は、飲み物に、氷をいれないようにする。
    カイロなどを肩甲骨のあたりにあてる

●乳首のマッサージをする
(飲ませる前でも時間のあるときでもよいです)

やり方は、
図にあるように、
押しながら奥で、1・2・3のリズムで
指を合わせます。
それを、5回くらい繰り返します。

母乳やお乳で気になることは、
ひとりで悩まずに、
母乳の専門家にご相談くださいね。

私も毎週水曜日の午後、
西宮阪急4階 子育てコミュニティールームで、
「おやこサロン」で育児相談もしております。

毎回子育てに関するいろいろなテーマでお話していますよ。

クリスマスイベント開催♪
ママとプレママ・ベビーに贈るコトコトスペシャル
◎11月28日(火) *当日は午後5時終了
◎西宮阪急4階 催場
ママもベビーも楽しめるメニューがいっぱいですよ。詳しくは西宮阪急WEB「コトコトステージニュース」をご覧くださいませね。
お友達とご参加お待ちしております。

南田理恵の子育てサロン 関連記事はこちら


<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授・ママズケア代表
“マ マと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた 活動を展開。子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。