にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 楽譜にもなるクリスマス絵本。 クリスマスに絵本を贈るのススメ2 【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

楽譜にもなるクリスマス絵本。
クリスマスに絵本を贈るのススメ2
【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

更新日: 2017/12/12

  •  
  •   mixiチェック
クリスマスまであと2週間。
街でもお店でもクリスマスソングが流れ、寒空の下見上げる煌びやかなイルミネーション。クリスマスのワクワク感がつのります。
今月はもちろんクリスマスの絵本を楽しんでいる、4階コトコトステージで開催のふわはね絵本のある時間。
その時にもお話しているのですが、ぜひクリスマスにはクリスマスの絵本を一冊プレゼントしませんか?
昨年にも少し書きましたね。
2016/11/29 人気者達のクリスマス絵本はこちらから

毎年お子さんの歳の数だけ増えるクリスマスの絵本。
その最後のページには、お子さんへのメッセージを書き込んでみるのはいかがでしょう。
年齢や身長・体重。その年のサンタさんからの贈り物など。
その絵本を開くたびに思い出される、大切な思い出。
絵本と一緒に重ねていきませんか。
今回は年齢を問わず長く楽しめる、こんなクリスマスの絵本をご紹介します。

偕成社より「クリスマスソングブック」
クリスマスの定番ソングが16曲。
「もろびとこぞりて」からはじまり、お馴染みの「ジングルベル」や「きよしこのよる」まで。
この本を楽譜の棚に置くか、絵本の棚に置くか迷うほど。絵本は両手で弾けるように楽譜が付きその楽譜の中にある歌詞は、日本語と英語の両方で書かれていて。
そこに優しい絵が。
この時期に流れる、聴きたいクリスマスのお歌。ぜひ親子で楽しんでください。

そして、「赤鼻のトナカイ」や「そりすべり」などが入った、続編の「クリスマスソングブック II」も。
贈り物にもいいですね。

【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

ふわはね絵本のある時間 in コトコトステージ
絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむ、親子の教室「ふわはね絵本のある時間」。

絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。幼い子との暮らしがより豊かにちょっと賢くなる絵本術、子育て術を伝授します。

<12月のスケジュール> 
今月のテーマ「クリスマスの絵本」

◎12月22日(金)
午前11時より:2-3歳クラス
午後1時より :フリークラス

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページコトコトステージニュースページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程および内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)
皆さまのご参加をお待ちしております。

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら


<プロフィール>
内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
絵本と絵本からの発展体験「ふわはねehon」主宰
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。