にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > ゆっくりと、ゆったりと。 赤ちゃんに寄り添い楽しめる絵本のススメ 【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

ゆっくりと、ゆったりと。
赤ちゃんに寄り添い楽しめる絵本のススメ
【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

更新日: 2018/1/16

  •  
  •   mixiチェック
さぁ、新しい年が始まりました。
本年も、絵本を繋ぐお手つだいさせてください。
2018年最初の絵本はこちら。


童心社さんより「なーんだなんだ」

白いお山に黒いまる。

なーんだなんだ
くろいの なんだ?

白いお山に黒いの二つ。

なーんだなんだ くろいのふたつ。

赤い背景に少しずつ少しずつ何やらあらわれてきます。

顔認識力の強い赤ちゃん。
黒いもの。気になります。
そしてリズミカルな音。
お母さんのお膝にくるまれて温もりの中、ゆっくりゆったりと絵本は進みます。

なーんだ なんだ
これ なんだ?

なーんだ なんだ
めがふたつ

なーんだ なんだ
はな ひとつ

知らないことの方が多い世界で暮らす、赤ちゃんや小さなこども達。
そんな子たちにとって、常に新しい刺激というのは疲れてしまいます。
何度も何度も繰り返し楽しめる。
知ってるよ。パンダだよ!パンダさんだよ!!
ほら!ほらね!!という楽しさ。嬉しさ。
それがこの絵本にはあります。

今月はパンダの絵本を楽しんでいる、コトコトステージでのふわはね絵本のある時間。
パンダには絶対的なかわいさと、そして人間の親子を思わせる愛着を感じます。
絵本にもだっこやねんねなど、お母さんパンダと赤ちゃんパンダの結びつきが、人間の親子関係と重なります。
自分のペースに合わせてくれる絵本という世界。
今年もぜひたくさんの出合いを。ゆったりとゆっくりと温もりに包まれて。

【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

ふわはね絵本のある時間 in コトコトステージ
絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむ、親子の教室「ふわはね絵本のある時間」。

絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。幼い子との暮らしがより豊かにちょっと賢くなる絵本術、子育て術を伝授します。

<2018年 1月・2月のスケジュール> 

◎1月23日(火)
午前11時より:0歳クラス
午後1時より  :1歳クラス

◎2月2日(金)
午前11時より:はじめて絵本クラス
午後1時より :2-3歳クラス

◎2月13日(火)
午前11時より:0歳クラス
午後1時より  :1歳クラス

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページコトコトステージニュースページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程および内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)
皆さまのご参加をお待ちしております。

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら


<プロフィール>
内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
絵本と絵本からの発展体験「ふわはねehon」主宰
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。