にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > そろそろ「ピクルス」が食べたい気分♪ 【平井美穂 こどものからだと栄養】

そろそろ「ピクルス」が食べたい気分♪
【平井美穂 こどものからだと栄養】

更新日: 2018/6/11

  •  
  •   mixiチェック
梅雨に入り、紫陽花の美しい季節となりました。
皆様お元気にお過ごしですか? 管理栄養士の平井です
雨降りの日や朝方は肌寒い時もあり、湿度も高いので体調を崩しやすい時期ですね、
特に食事と睡眠を大切にして、体調管理に努めましょう

ここ数日、野菜の甘酢漬け【ピクルス】が食べた~い!と思うようになりました。
 
身体の声、本能の叫びでしょうか。
お酢と野菜のもつ栄養素を自然と求めているのでしょうね

【ピクルス作り】はいたって簡単!
清潔を保てば、1か月ほど冷蔵庫で保存も可能です。

野菜が足りない時に重宝しますし、
ソーセージやお肉、お魚、揚げ物料理の付け合わせにしたり、
サラダに漬け汁ごと散らせばドレッシング代わりに、
サンドイッチやハンバーガーの具材としてはさんだり、
ホームパーティーでは食卓の彩りとして、
小瓶に詰めれば美しい手土産にもなり喜ばれます

少し甘めに作れば、間食にも美味しく召し上がれますのでダイエット中の方にもお勧めです

【簡単ピクルスの作り方】
★旬の野菜 (きゅうり1本、にんじん1/3本、セロリ1本、みょうが2本、赤・黄パプリカ 各1/3個、ディル2本)

★ピクルス液 (お好みの酢100ml、さとう40g、塩 大1/2、水200ml、ローリエ1枚、赤唐辛子1本、黒胡椒10粒)

~作り方~
(1)鍋に★ピクルス液の材料を入れて火にかけ、沸騰したら火を止めてそのまま冷まします。
(2)★旬の野菜は食べやすく一口大の乱切りにし、小さじ1杯程度の塩を加えた熱湯で30秒ほど茹で、ザルに上げます。 
(3)野菜が温かいうちにディルを加えて①に浸し、1時間以上味をなじませます。

香りづけのディルは、ローズマリーなどお好みのハーブや乾燥ハーブを利用なさってもOKです。

 野菜と酢のパワーを戴いて、梅雨も元気に過ごしましょう♪

平井美穂 大人とこどものからだと栄養 関連記事はこちら

<プロフィール>
平井 美穂 (ひらい みほ)
管理栄養士・食物栄養学修士・調理師
兵庫栄養調理製菓専門学校 栄養士科講師
NPO関西ウエルネス研究所理事
平井外科胃腸科クリニック(神戸市東灘区岡本)、その他透析病院等を含め医療機関にて栄養指導を行う。百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案など、乳幼児から高齢者までを対象に幅広い年齢層に対し、食と健康に関する講演会や料理講習会を行う。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。