にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 絵本と共に心と言葉を育むのススメ 【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

絵本と共に心と言葉を育むのススメ
【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

更新日: 2018/9/25

  •  
  •   mixiチェック
 敬老の日やお彼岸。実りの秋に感謝するお月見。勤労感謝の日など、秋にはありがとうの日が多い気がする。
今回の絵本はそのなもずばり「ありがとう どういたしまして」

あるひ めぐちゃんが のはらへ いくと、ねこさんが やってきて いいました。
「めぐちゃん めぐちゃん おはなを あげます。はい どうぞ」
「ありがとう」めぐちゃんが いいました。
「どういたしまして」と、ねこさん(P1-5)

めぐちゃんが動物たちからいろいろなものをもらいます。
お花にりんご、おいもにどんぐり。お花はコスモスかな。秋にあふれていて。

「はい どうぞ」
「ありがとう」
「どういたしまして」

その繰り返しが、とても優しく暖かい。

私たちは、常日頃特に子ども達に「ありがとう」を強要しがちです。

何かしてあげたら、ありがとうは?
誰かに何かをしていただいたら。おしりを軽くせかすように軽くたたきながら「ほら、ありがとうは?」と。

はいどうぞ
ありがとう
どういたしまして

この3つの言葉は、とても素敵な目に見えない糸で繋がっていると思っていて。
それは強要されるものでははく、自然に心から出てくるものであってほしいと願う。

絵本を通して子ども達の心に根付いてほしいと思う。

そしてありがとうを強要する前に、渡す方も少しだけ丁寧に「はいどうぞ」の言葉を添える。

そうすると自然に子ども達から「ありがとう」の言葉が出てくるのではないでしょうか。

絵本は心を言葉を育ててくれます。
絵本と共に。
実りの秋がやってきました。

【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】
◆ふわはね絵本のある時間 in コトコトステージ
絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむ、親子の教室「ふわはね絵本のある時間」。
絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。幼い子との暮らしがより豊かにちょっと賢くなる絵本術、子育て術を伝授します。

<2018年 9月10月のスケジュール> 
◎9月30日(日)待望の日曜開催決定!!   
午前11時より:フリークラス
午後1時より  :フリークラス

◎10月2日(火)
午前11時より:はじめて絵本クラス       
午後1時より :2-3歳クラス

◎10月23日(火)              
午前11時より:0歳クラス
午後1時より  :1歳クラス

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページコトコトステージニュースページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程および内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)
皆さまのご参加をお待ちしております。

<プロフィール>内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
絵本と絵本からの発展体験「ふわはねehon」主宰
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。