にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > アツアツおやつのポップコーン★☆★ 【伊藤由香-小さな食憶】

アツアツおやつのポップコーン★☆★
【伊藤由香-小さな食憶】

更新日: 2018/11/5

  •  
  •   mixiチェック
夏は出番が少なくしまい込んでいたため少々鉄臭がしていた、譲り受けたお釜。
ミネラルを多く含んだ水を沸かすと、すぐに湯垢がついて良いと教えて頂きました。

11月、寒さの訪れをいよいよ感じ始めました。
まろやかになった白湯と、立ち上がるゆげが美味しい朝を迎えています。

さて、時折店頭で見かける「ポップコーン」。

「とうもろこし」ですがスイートコーンやバイカラーコーン、ホワイトコーンなど夏に出回るものとは違うポップコーン用の品種です。
爆裂(ばくれつ)種とも言われていて、つぶの中にある、やわからいでんぷんが火にかけることで膨らんで破裂し、あの!ポップコーンとなる品種。
実か硬くなるまで茎にならしてから収穫されその後、皮をむいて涼しいところで吊るし乾燥して下さったものです。

テーマパークなどで食べたことはあっても、意外と原形を知らないようです。
「これがポップコーン?」と丁寧に作って下さった生産者のお顔が浮かぶポップコーンの粒を外すところから、おやつ作りがはじまるのは楽しいもの。

≪ストウブ鍋(12㎝)でポップコーン♪作り≫
こめ油 小さじ2
粒を外したポップコーン 大さじ2

鍋に入れ蓋をして、中火にかけ1分30秒程すると…「ポンッ♪ ポンッ♪ ポン、ポポン、ポポポポポポポポ♪」弾ける音に大喜び。

静まった鍋の蓋を開けると、3分程で溢れんばかりのあつあつのポップコーンが完成
そのまま食べれば、ホクッとやさしい甘さ。
ホコホコとあたたかいポップコーンに手がとまりません。
油を山椒の入ったオイルに変えて加熱し仕上げに塩をふれば、ほんのり刺激ある大人味。
また、最初に油と少量のカレー粉加え加熱。
仕上げにクミンシードと塩をふればエスニック風おつまみにも!

≪キャラメルバター味≫
膨らんだポップコーンを一旦ボウルに移し、鍋に砂糖大さじ3加え加熱。
溶けてきて好みのキャラメル色になったらバターひとかけ、水大さじ1を加えます。
ポップコーンを戻しよく混ぜ合わせれば完成です♪
こちらはかなりアツアツです。出来立てを食べる時はくれぐれも火傷にご注意を(^^♪

最近、ゆっくり映画や読書・・・には縁遠くなっていましたが、深まる秋とポップコーンでそんな時間を持てるよう、時間を上手に使いたいものです。

バターナッツかぼちゃを使った10月の親子セミナー。とっても可愛く文字までも描いて下さった方のプレートに大感激しました!!!

11月は、少し早いですがクリスマスに向けて集まることも多くなるシーズン。
「きのこ」「かぶ」をテーマに、親子で楽しめるとメニューと合わせて和やかな時間を過ごしたいなと考えております。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。