にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 西宮阪急開店10周年☆☆ ベビーマッサージクラスも10年目になりました♪ 【南田理恵の子育てサロン】

西宮阪急開店10周年☆☆
ベビーマッサージクラスも10年目になりました♪
【南田理恵の子育てサロン】

更新日: 2018/11/20

  •  
  •   mixiチェック
みなさま、こんにちは。
助産所ママズケアの南田と申します。
西宮阪急で、毎週水曜日に、ベビーマッサージクラス、子育てサロン、第2土曜日にはパパのベビーマッサージクラス、マタニティクラスでお話させていただいて、10年になりました。
10年経ってもキラキラした西宮阪急。
最初の頃出会った子どもたちが中学生になりました。
地域の親子の集まる場所になって欲しいという想いはかない、何世代にもつながっています。

私が初めて、新しく西宮阪急ができるということを知ったのは、開店の1、2年前。

私が芦屋でベビーマッサージクラスを、毎月20~25クラス開催していた時です。

当時の担当者の方から、
「新しくできる百貨店に、西宮の街の人が集まるスペースを作りたい」「ヒト・モノ・コトの場としての百貨店」「専門家として子育て支援のコト」をやりたいと思っているので、助産師として子育ての講座をしませんか。
と声をかけていただき、担当者の方の新しい考えに心を動かされ、そのチャレンジを一緒に体験できることに、ワクワクした思いをもったのでした。

私は東京生まれの東京育ちで、叔母が銀座でお店をしていたりで、百貨店は身近なものでした。

子どもの頃、祖母や母と家族のおでかけは百貨店が多く、百貨店での買い物や食事は、うれしく楽しい気持ちになったものでした。

何世代にもわたって、家族の思い出の場所になる百貨店を作りたいという思いを形にしたのが、「コトコトステージ」です。

「コトコトステージ」では、親子の絆作りや、地域のママたちが繋がるような講座企画を、子育ての様々な分野の専門家の講師のみなさんがやってくださっています。

百貨店の子育てコミュニティルーム担当者の方とも、10年のお付き合いになりました。

今年は10周年とのことで、4階の子ども服売り場もリニューアル。

親子で体験できるスペースが増え、お買物するだけの場所でなく、様々な「コト」を感じることができるようになりました。

百貨店は、人々が集まり、新しい体験をし、共感を提案する場所に進化していっています。

赤ちゃんの時にベビーマッサージクラスにお越しになっていたママが、大きくなったお子さまを連れて、子育てコミュニティルームに寄って声をかけてくださる時、本当に幸せを感じます。

これからも、家族に愛される百貨店の、子育て支援のお手伝いができたら幸いです。

<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授・ママズケア代表
“ママと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた活動を展開。子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

南田理恵の子育てサロン 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。