にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 世代や流行を越えて、ずっと愛される一着を。 “100年コート”にクローズアップ! 「SANYO」コートPOP UP SHOP 【阪神間ママブログ ~おしゃれ編~】

世代や流行を越えて、ずっと愛される一着を。
“100年コート”にクローズアップ!
「SANYO」コートPOP UP SHOP
【阪神間ママブログ ~おしゃれ編~】

更新日: 2019/1/2

  •  
  •   mixiチェック
◎1月15日(火)まで※最終日は午後5時終了
◎4階  メンズステージ
あけましておめでとうございます!

今年も素敵なモノやコトに出会うワクワク感を、みなさまと共有していきたいなと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
さて、新年初のブログでご紹介するのは、SANYOが手がける「100年コート」です!

「TIMELESS WORK.ほんとうにいいものをつくろう。」という理念のもと、
2013年にプロジェクトをスタート。
世代や流行を越えてながく愛され、親から子、そして子から孫へと受け継がれるような
コートを目指すという想いが、“100年”という言葉にこめられています。

写真は、歌舞伎の衣装の伝統的な格子柄をもとに開発した「三陽格子」を、襟裏やライナーにあしらったスタンダードモデルのミドル丈タイプ。
青森県のコート専業自社工場で、有名ブランドコートを手掛けていた職人たちが丁寧に仕上げる一着は、端正な佇まいがステキすぎますー!

「SANYO」D/BTrench SANYO-GOSHI Linning122,040円
◎4階 メンズステージ

素材、縫製、ディテールにもこだわりが満載です。
ライナーの無地の部分はあったかいウール素材。カーブが美しい襟周りはステッチに職人技が光ります。擦り切れやすい袖口は、修理しやすいよう袖口から袖ベルトまでを長めに。エジプトの最高級ギザコットンを使用した表生地には、はっ水加工も。
ベージュのたて糸にゴールドのよこ糸で織りあげているのが、上品な光沢の秘密です。

実際に着ると、よりシルエットの美しさがわかりますね
こちらは、裏地などに格子柄を使用していないタイプ。前身頃はセットインスリーブ、後ろ身頃はラグラン袖なので肩や腕が動かしやすく、体のラインに心地よくフィット。
スーツの上から羽織っても、スッキリと着こなせるデザインです。

「SANYO」D/BTrench96,120円
◎4階 メンズステージ

トレンチコートはほかにショートとロング丈があり、こちらはステンカラータイプの「Balmacaan」。
ネイビーカラーもシックでスタイリッシュな印象です。
襟を立てると、格子柄が粋なアクセントに。
後ろ姿までカッコイイですよね!

「SANYO」Balmacaan SANYO-GOSHI Linning106,920円
◎4階 メンズステージ

「100年コート」は100年間品質を保証するものではありませんが、末永く愛用できるよう、修理やメンテナンスについての相談につくり手が答える「100年オーナープラン」や、3年に1度コートを預かってケアをしてくれるプログラムも用意されています。
「100年愛せるものをつくりたい。」という気持ちがいっぱい詰まったコート。
ぜひ、袖を通してみてください。
着るたびに愛着が増す、相棒のような一着との出会いを。


<プロフィール>
mayumayu
大学卒業後、神戸の生活情報誌の編集を経て、フリーライターに。
世界の国旗が大好きな9歳、納豆を愛する5歳の姉妹のママ。
趣味は、読書。犬とミルクティーが好き。
最近、ヨガを始めました。

阪神間ママブログ ~おしゃれ編~ 関連記事はこちら



新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。