にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 妊娠中からできる母乳のお手入れ♪ 【南田理恵の子育てサロン】

妊娠中からできる母乳のお手入れ♪
【南田理恵の子育てサロン】

更新日: 2019/2/5

  •  
  •   mixiチェック
みなさん、こんにちは。
ママズケア代表の南田です。
毎週水曜日に子育てコミュニティルームで、ベビーマッサージクラスと、おやこサロンでお話しさせていただいております。
毎月第2土曜日には、マタニティクラスも行なっており、
「母乳育児の準備について」、「妊娠中の心と身体の準備」
についてご夫婦でご参加いただけるようなお話しをしております。

妊娠中からの母乳の準備について、
西宮周辺にお住まいの方は、
特にご関心の高い方が多いです。

「思ったように母乳を飲んでくれなかった」
「お乳が痛くなった」
などの経験談をお友達やご家族から、
聞いていらっしゃるからかもしれません。

妊娠中に母乳で育てたいと
思っている妊婦さんは90%以上ですが、
実際に母乳だけで育てている方は、
生後1ヶ月で51.3%、

生後3ヶ月で54.7%です。

写真の赤ちゃんは母乳ですが、
ちょっと飲みすぎくらい飲むため、
お肌に湿疹ができています。
消化機能の発達に伴ってだんだん治ってきます。

生後1ヶ月で母乳とミルクの混合栄養の方も、
3ヶ月になると70%の方はミルクになっています。

これは、「乳頭混乱」になる子が多いからです。
今、混合栄養の赤ちゃんも、
ちょっとした工夫で母乳を続けることができます。

赤ちゃんが生まれてすぐに、
母乳や哺乳瓶の飲み方を学習していきます。
初めて乳首を口に含ませてあげるときから、
ちょっとしたコツをつかってみましょう。
妊娠中から知っておくと良いですね。

妊娠中からできる乳房の手入れ法

赤ちゃんは、上あごに小さなくぼみがあります。
そこに乳首を押し付けてしごくように飲みます。

理想的に赤ちゃんが吸いやすい乳首は、
人差し指と親指で乳輪をつまんだときに、
指先がぴったりつくことです。
そして、乳首は1.5-2センチくらい伸びます。

理想的な乳首になるには、
1−2ヶ月かかります。
妊娠中から乳首のケアをしておくと、
早く飲みやすくなります。

方法は、
1 人差し指と親指でCの字をつくる
2 指先を乳輪にあてて下に押す
3 押したまま指先を合わせる
4 ちゅっちゅっと赤ちゃん吸うようなリズムで10回くらい
5 少しずらして乳輪全周おこなう

妊娠37週になったら毎日1−2回繰り返し行います。

吸いにくそうな乳首の方は、
病産院の医師や助産師に確認してから、
早めの32週くらいから行うこともあります。
なぜなら、
扁平陥没乳首の方が突出するまでに、
4−6週かかることがあるからです。

乳頭混乱を起こしにくくするために、
赤ちゃんに哺乳瓶を使う場合は、
お口をちょんちょんして、
探索行動=お顔をふって乳首を探す動作
がでてから哺乳瓶を咥えさせるようにしましょう。

お乳は、待っているのではなく、
自分から探しにいってくわえるものであることを

赤ちゃんに教えていきます。

また、哺乳瓶に慣れるのを予防するため、カップで飲ませる方法もあります。助産師の指導のもとに使いましょう。

実際のやり方や詳しいお話は、
西宮阪急マタニティクラス「プレマママカレッジ」に、
ご参加くださいませね。

次回は、
2月9日(土)午後1時半から3時です。
ご予約は西宮阪急ホームページ、
コトコトステージよりお申し込みくださいませ。

<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授・ママズケア代表
“ママと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた活動を展開。子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

南田理恵の子育てサロン 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。