にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 子を守る歌。子守歌の世界を絵本と一緒に楽しむススメ。♪ 【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

子を守る歌。子守歌の世界を絵本と一緒に楽しむススメ。♪
【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

更新日: 2019/4/26

  •  
  •   mixiチェック
今、日本で一番歌われていると言われる子守歌をご存知でしょうか。
その歌が丸ごと一冊絵本になりました。

その歴史は古く1967年にみんなのうたで歌われた歌だそうです。

絵はふわはね愛してやまない雨の歌絵本。
2014年6月のにしのみやぐらしブログでご紹介しています「あめふりくまのこ」を描かれた高見八重子さん。
詩は天才詩人と言われた北原白秋。
ひさかたチャイルドの歌絵本シリーズ最新作です。

「ゆりかごのうた」
北原白秋 詩
高見八重子 絵
ひさかたチャイルド

この表紙の美しさ。
透明感。
穏やかさ。
優しさが溢れた絵本でした。

ここにはお母さんが出てきません。
普通こんな赤ちゃんが一人で寝ている絵は児童心理的にも不安を感じるのではと思うんです。

でもこの絵本はなぜか不安に思う感じが全くない。
動物たちが出てくるから?
そばにいるから?
いやいやそれだけじゃない。
木も草も花も実も、風も光も影も月もみんなが赤ちゃんを見守っている。
お布団までもが移り変わります。

こんな優しい絵本を大好きな人の声で歌い読んでもらう幸せ。
あえて詩のないページが余韻を生み次の詩へと続く。

大好きな人の温もりの中、美しい日本語が声に乗り歌い紡がれる。
その声を聞きながら眠りにつく。
それはもしかすると記憶には残らないかもしれません。
しかし心の奥底の根っこの部分への確実な豊かな栄養となるでしょう。

子を守る歌。
子守歌の世界絵本と一緒に楽しいませんか。

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】
ふわはね絵本のある時間 in コトコトステージ
絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむ、親子の教室「ふわはね絵本のある時間」。
絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。幼い子との暮らしがより豊かにちょっと賢くなる絵本術、子育て術を伝授します。

<2019年4月のスケジュール> 

◎4月28日(日)
午前11時より 2-3歳クラス
午後 1時より    フリークラス

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページコトコトステージニュースページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程および内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)
皆さまのご参加お待ちしております。

<プロフィール>
内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰  
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。
絵本のある暮らしや絵本紹介のインスタグラムは人気でフォロワーが5000人を超える。
インスタグラム @fuwahane



新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。