にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > はずかしいの感情をプラスに持つのススメ♪ 【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

はずかしいの感情をプラスに持つのススメ♪
【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

更新日: 2019/5/17

  •  
  •   mixiチェック
五月も半ばに。
ながーいゴールデンウィークも終わり、少しずつ新しい生活にも慣れてくるころでしょうか。
いやいやまだまだ保育園や幼稚園にはもじもじこぶくんがいるようですね。

とってもはずかしがりやのこぶたのこぶくん。
今日はアイスクリームを買いに行きます。
イチゴ味がいいなー。
チョコ味もいいな―。
はりきって行ったけれど、お店の前までゆくと…。

とってもはずかしがりやのこぶくんは、やっぱりなんだか恥ずかしくなって、声が出なくなってもじもじもじもじ。

どんどんおお客さんがやってきて、次から次へとアイスクリームを買っていきます。

でもこぶんはもじもじもじもじ…。
まだ何にも言えません。
そのとき!?

大好きな一冊。
もし親が後ろで見ていたら、「サッサと言えばいいのに。ほら、また抜かされた!!!」なんてイライラする場面でしょうか。

でも恥ずかしいという感情はマイナスなことではありません。
わらべうたの世界には「はやし唄」というものがあります。
いつまでも泣いている子にからかいの唄だったり、「泣いたカラスがもう笑た」と泣き止むタイミングをつくってあげたり。

からかわれて悔しいと思ったり、恥ずかしいと思ったり、「なにくそ」と頑張れたり。人として必要な感情を育てるわらべうた。

恥ずかしいという感情も人間として生きていくための大事な感情。
お母さんに怒られるからやめておこう。ではなく、そんなことをするのは恥ずかしいことだからやめておこう。そう考えることのできる子に育ってほしいと思っている。
誰の前でも一緒。ではなく、心を許した人と初めて会う人。違うのは当たり前。

もじもじこぶくんも誰かのためなら!!
そんな勇気も。
ぜひ小さな人たちに届けたいお話です。

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】
ふわはね絵本のある時間 in コトコトステージ
絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむ、親子の教室「ふわはね絵本のある時間」。
絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。幼い子との暮らしがより豊かにちょっと賢くなる絵本術、子育て術を伝授します。

<2019年5月のスケジュール> 

◎5月21日(火)
午前11時より 2-3歳クラス
午後 1時より    フリークラス

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページコトコトステージニュースページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程および内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)
皆さまのご参加お待ちしております。

<プロフィール>
内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰  
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。
絵本のある暮らしや絵本紹介のインスタグラムは人気でフォロワーが5000人を超える。
インスタグラム @fuwahane

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。