にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > MIYAPAPA パパも子育て楽しみましょう♪ 【南田理恵の子育てサロン】

MIYAPAPA パパも子育て楽しみましょう♪
【南田理恵の子育てサロン】

更新日: 2019/6/9

  •  
  •   mixiチェック
みなさん、こんにちは。
助産所ママズケアの南田です。
第2土曜日にはパパが赤ちゃんの子育てに自信がもてるようになる
ベビーマッサージクラスを開催しております。
今回のテーマは、
パパの子育て。
立ち会い出産はもちろん、
妊婦健診や、赤ちゃんの1ヶ月、4ヶ月健診にも、
パパも一緒にお越しになる方が、多くなりました。

パパも育児休業を取られて、
子育てをママと一緒にされている方も増えてきました。
中には、3年間育休を取られてるというパパも。

私たちの世代では、
父親が子育てに関わり始めた頃で、
お風呂に入れたり、休みの日に子どもをみててもらうなどで、
「育児を手伝ってくれてありがとう」
という感じでした。
平成8年生まれの長男の時には、
共働き世帯が専業主婦世帯を若干越えてきた頃です。

親の世代は、「男子厨房に入らず」で、
女性の聖域の台所に入ってはいけない。
いう考えの方もいらして、息子が家事育児をするのをよく思われない方もいました。

平成29年からは、共働き世帯が専業主婦世帯の2倍となりました。
家事も育児も同じくらいの割合でシェアできたらよいのですが、
日本の職場の40-50歳代のボスは、
「子供が熱をだしたので、保育所に迎えにいくから、
仕事を途中で切り上げて早退する」
という男性社員に理解がしにくいかもしれません。
※厚生労働省男女共同参画局ホームページより

また、女性であっても、キャリアを積んでからの出産の場合、
職場で管理職となっている方もいらして、
仕事が休みにくいとのこと。

職場が子育てや介護、家族が健康に生活するために、
必要な時間の確保がしやすくなるといいのになと思います。

パパも仕事がお休みの日には、
子どもたちとたくさん遊びたいと思っている方が多いですね。

西宮阪急百貨店4階では、
「MIYAPAPA(みやパパ)」イベントやっています。
西宮パパをみやパパといいます。

今回、ベビーカーや抱っこ紐がたくさん揃っています。
いろいろな試してみたくなりますね。
また、パパと子どもと楽しめるワークショップもあります。
ぜひ、お越しくださいませ。

<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授・ママズケア代表
“ママと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。
女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた活動を展開。
子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

南田理恵の子育てサロン 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。