にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 「子どもの湿疹とスキンケア」☆☆☆ 【南田理恵の子育てサロン】

「子どもの湿疹とスキンケア」☆☆☆
【南田理恵の子育てサロン】

更新日: 2019/7/5

  •  
  •   mixiチェック
みなさん、こんにちは。
産前産後ケアサポートママズケアの南田です。
暑くなってきて、汗をかくことが多くなってきましたね。
子どもたちも汗もなどの皮膚トラブルが増えてきました。
肌がかゆそうな子どもをみると、
何とかしてあげたいと思いますよね。

赤ちゃんの肌の構造
赤ちゃんや子どもの皮膚は、バリア機能である皮脂膜が少なく、
大人より薄い状態です。
子どもの肌はデリケートなのです。
バリア機能が弱いので、
病原菌やアレルゲンが、皮膚の中にはいり、
血中に取り込まれやすいのです。

「1歳までに皮膚の湿疹が2ヶ月以上続いた」子どもの花粉症発症率は、
「湿疹が ほとんどなかった」子どもの1.7倍。
アトピー性皮膚炎発症率は7.9倍 とも言われています。

肌トラブル予防のために
スキンケアが大切です。
「清潔と保湿」が基本。
つまり、肌をきれいに洗って、
そのあとに、保湿することです。

洗うときは、押さえるようにリズミカルに洗います。
タオルやガーゼでのゴシゴシ洗いは避けましょう。

新生児期にはたくさんあった皮脂も、
生後3ヶ月頃からは、皮脂の分泌は減ってしまいます。
石鹸やベビー用のボディソープを泡立てて、
なでるように余分な脂や汚れを優しく洗います。

1日に何回スキンケアしたらいいの?
朝起きたら、お外から帰ったら、お昼の後など、
夜のお風呂以外の時間も、
夏になると汗をかきますので、
1日何度でも、沐浴させてあげるとよいでしょう。
将来の皮膚トラブルを予防するためにも、
毎日のスキンケアはしっかりやりたいですね。

暑い日には、適度にエアコンを使いながら、
また、お洋服の枚数も、大人より1枚少ないくらいで、
調整して、乗り切ってくださいね。

<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授・ママズケア代表
“ママと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。
女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた活動を展開。
子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。


南田理恵の子育てサロン 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。