にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 親子三世代で絵本を楽しむのススメ【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

親子三世代で絵本を楽しむのススメ【内田祐子 ふわはね絵本の部屋】

更新日: 2019/8/16

  •  
  •   mixiチェック
夏休みいかがお過ごしですか?おじいちゃんおばあちゃんと過ごされるご家庭も多いかもしれませんね。

盆踊りに花火に夏祭り。子ども達にとっても少し特別な夏の夜。
いつもの神社がすっかり様変わりしたお祭りの日。
そんな一日が描かれている絵本があります。
福音館書店より『えんにち』

それはこんな始まり
「これから ふたりは、えんにちに でかけます。」(p1)

お兄ちゃんと妹がおうちから出てきました。
ここから文字は一切ありません。
絵だけでお話は続きます。

まずは神社が一望できる俯瞰のページ。
神社の入り口にはトラックやワゴン車が。
どうやらお祭りはまだ始まってはいないよう。

そこからはまるで絵巻物のよう。
屋台が組まれ、店が出来上がっていきます。
兄妹と一緒に屋台を一つずつ楽しみながら、絵本は進みます。
やがて日が暮れ、お母さんたちと会い・・・。
途中すっかり縁日が出来上がった俯瞰のページがまたよくて。
兄妹を探したり、この屋台がここということは・・・。
このお店何やさんだろう?などと文字はなくとも会話が弾みます。

子どもたちにとってはあまり見覚えのないお店も多いかもしれません。
それもそのはず1973年初版の絵本。

私自身も懐かしいものや、よくわからないものも。おじいちゃんおばあちゃんも一緒に親子三世代お話しながらぜひ楽しんでほしい一冊。

時代が変わっても、屋台で売るものが変わってきたとしても、あの縁日の独特な空気、特別な時間は何年たっても変わらずそこにあり。

ぜひ絵本と共に過去の自分と時間を共有しながら楽しんでください。
そしてそこにまた重なり繋がるおじいちゃんおばあちゃん、子ども達も共に。

【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】
ふわはね絵本のある時間 in コトコトステージ
絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむ、親子の教室「ふわはね絵本のある時間」。
絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。幼い子との暮らしがより豊かにちょっと賢くなる絵本術、子育て術を伝授します。

<2019年8月のスケジュール> 

8月20日(火)
午前11時より 2-3歳クラス
午後 1時より  フリークラス

☆夏休み特別企画☆

「絵本カバーで世界にひとつだけの絵本バッグを作ろう」

詳細およびお申し込みは、『西宮阪急ホームページコトコトステージニュースページ』をご覧ください。

(日程および内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)
皆さまのご参加お待ちしております。

<プロフィール>
内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰  
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。
絵本のある暮らしや絵本紹介のインスタグラムは人気でフォロワーが6000人を超える。
インスタグラム @fuwahane

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。