にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 自家製ジェノベーゼソースがあれば! 【伊藤由香-小さな食憶-】

自家製ジェノベーゼソースがあれば!
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2019/8/19

  •  
  •   mixiチェック
残暑お見舞い申し上げます。

JA兵庫六甲こだわり野菜の会の「バジル」は、遠くからでもその存在を教えてくれる程しっかり香る清涼感。トマトのパスタなどイタリア料理には欠かせません。
続く猛暑でも食卓に束の間の爽やかさを与えてくれます。

意外とデリケートなバジル。
水分や湿気に弱いので移動や保存後の寒暖差でついた袋やパッケージの水滴確認をし、水気をふいて乾燥しないようにしておけば、比較的野菜室で元気な状態で保存ができます。

使いきれなかった場合は冷凍保存も可能ですが、解凍された途端に黒ずむので冷凍のままピザトーストにするなど、即、調理がベター。
オイル漬けの他、醤油漬けにしておくのもひとつ。醤油に香りが移るので豆腐や焼き魚にかけたり、漬けたバジルも一緒にいただけます。

王道ではありますがバジルをたっぷり使うジェノベーゼソースは冷凍すれば長期保存可!特別な香りと贅沢な味わいのソース、バジルがたくさん手に入るこの時期に作ってみては♪

ジェノベーゼソース
材料
バジル  30g
にんにく 1/4片
松の実  5g
EXVオリーブオイル 50㏄
塩、こしょう

上記をミキサーにかけます。

パルミジャーノレッジャーノ(粉チーズ)10g~ は料理や保存期間によって好みでペースト状になってから加えます。(または一緒にミキサーにかけます。)

残暑厳しい中でもピンと元気に育っているオクラ。さすが!アフリカ生まれの野菜だけあります。
今年もオクラの花を見せてもらえる機会に恵まれました。華やかながらも静かな雰囲気のあるオクラの花は本当に美しい。
オクラの花も食べるとネバネバしているのですよ!

オクラをさっと茹で粗熱をとり、食べやすく切ったオクラと茹で卵をジェノベーゼソースで和えました。
塩気のアクセントに好みでアンチョビを小さく切って、卵の上にのせます。
自家製ジェノベーゼソースがあればあっと言う間にイタリアン風小皿の完成です!

あと一週間もすれば風にのって、虫の声も聞こえてくるのでしょうか。

暑さ続く毎日ですが、どうぞお体にはご自愛の上、夏野菜で「夏の食卓」も楽しんで下さいね。

親子セミナー9月3日(火)を予定。
少し成長されたお顔に出会えますこと楽しみにしております!


<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。