にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > パパだっておんぶや抱っこで寝かしつけできるんです♪ 【南田理恵の子育てサロン】

パパだっておんぶや抱っこで寝かしつけできるんです♪
【南田理恵の子育てサロン】

更新日: 2019/9/23

  •  
  •   mixiチェック
みなさん、こんにちは。
助産所ママズケアの南田理恵です。
毎月第2土曜日には、パパ向けの講座をしています。
先日は、パパにもできる!赤ちゃんが楽しくなる♪遊び方や、
寝かしつけ名人になる、おんぶや抱っこのやり方を、お伝えしました。
ベビーマッサージをしたり、
パパ同士の育児トークも。

家族で食事したり、ママがちょっと家事をする間に、
パパに赤ちゃんのお世話をしてもらいたいのですが、
泣いてしまうことも。。。
そんな時、パパは赤ちゃんをどうやってあやしたらよいか、
ふにゃふにゃで、小さい子だから、
負担にならない抱き方をしているつもりなのですが、
これでは、なかなか泣き止まない。。。


頸がすわってないから縦抱きにできない?
背骨はまっすぐにしないといけない?
おんぶは腰が座ってから?

人間の赤ちゃんは「生理的早産」といって、
頭が十分に発達してから生まれてくると、
あまりにも大きな頭は、産道を通らないため、
身体や頭が未発達の状態で生まれてきます。

生まれてから頭が発達してくると、頭は重いため、
後ろに反り返るように抱くと、首の全面から上胸部、後頭関節に負担がかかります。
この周辺には、哺乳行動に関する筋肉や神経があるので、
口が開きにくい、舌がうごきにくい、すぐにむせたり、ぜろぜろしたりなどの、
症状があらわれることがあります。
首をのけぞらすような抱き方はやめましょう。

身体を丸くした横抱っこが理想的です。
おんぶや縦抱っこをする場合でも、身体がのけ反らないようにしましょう。
横抱きを嫌がる子は、もしかしたら、
身体のコリがあるかもしれません。
優しくマッサージをしてあげると、コリがゆるみ、
心地よくなり、横抱っこもゆったりとさせてくれるようになりますよ。

北極しろくま堂の兵児帯やベビーラップは、
それぞれ個別性のある、赤ちゃんと大人の身体にぴったりと合うので、
とても楽です。
日本の伝統的な着物と同じように、少し練習が必要ですが、
慣れれば簡単ですし、頸が座る前から3歳くらいまで使えます。
西宮阪急百貨店4階のベビーセレクトコーナーでは、
北極しろくま堂のベビーウエアリングコンシェルジュが、
装着のアドバイスをするイベントも行われています。

ぜひ、一度兵児帯やベビーラップによる抱っこやおんぶを、
体験して、赤ちゃんがにこにこ楽になる方法を試してみて下さいね。

次回の「パパのベビーマッサージクラス」
開催日:2019年10月12日午前10時半から12時
場所:西宮阪急百貨店4階子育てコミュニティルーム
申し込み:西宮阪急コトコトステージネット予約システム→https://hhinfo.jp/entry/nishinomiya/

ママもご一緒にご参加いただけます。
ご家族で楽しい時間を過ごしましょう。
ご参加おまちしております。

<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授・ママズケア代表
“ママと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。
女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた活動を展開。
子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。
南田理恵の子育てサロン 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。