にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 黒にんにくの魔法☆★☆ 【平井美穂 こどものからだと栄養】

黒にんにくの魔法☆★☆
【平井美穂 こどものからだと栄養】

更新日: 2019/10/27

  •  
  •   mixiチェック
秋も深まり、目に鮮やかな紅葉が楽しめる季節となりました 皆様、お元気にお過ごしですか?
前回は身体を温め免疫力を高める食品として生姜をご紹介致しましたが、今回は<にんにく>。
にんにくは、独特の刺激臭(成分)があり、その成分に強い殺菌効果があると言われます。
体内に侵入したウイルスを撃退し、ビタミンの吸収を高めて活力を生み出す力もあると言われることから、これからの季節に積極的に食べたい食材のひとつです
ですが、強烈な匂いが気になって食べにくいのも<にんにく>なんですよね・・・

私は歳のせいか最近では自身の健康と口福(美味しいものを食べる幸せ)を最優先し、周囲の方の鼻がもげようとお構いなしとばかりに日々にんにくを食べています。

料理でこまめににんにくを使うためには、手軽に使えるように常備しておくことがポイントです。
私は、にんにくの皮をめくって適当にスライスし、小瓶でオリーブ油で浸して野菜室に入れています。肉や魚を焼く時、野菜を炒める時、パスタ料理やドレッシング、煮物などあらゆる料理に使え、にんにくの芳醇な味と香りが加わることで料理も一層美味しく感じられるので重宝します
匂いが気になる時にはほのかなにんにくの香りがついたオイルを利用し、明日は休日!ともなれば好きなだけにんにくをすくってパワーチャージして楽しんでいます

オイルに漬ける他、しょうゆや味噌、はちみつ、梅酢に漬けて保存する方法もありますので、ご家庭のお好みやお料理事情に合わせて作ってください。また、市販品で匂いの心配が少ないにんにく商品も多数ありますのでシーンに応じて利用なさると良いでしょう

にんにくは食べたいけど匂いが困る方、<黒にんにく>はいかがですか?
 
にんにくを発酵させる過程で旨味成分や免疫力を高める成分が更に増え、刺激成分が減ることで胃にも優しく、まるでドライプルーンのような甘味のある果実に大変身します!
皮をむくだけでそのまま召し上がれるので前菜や箸休め、酒の肴やおやつにも手軽に摂れるのが嬉しいところ。食後の匂いもほとんど気にならないなんて魔法をかけたようですね!
勿論、食べ過ぎると匂うので要注意 朝晩1粒ずつを目安に、身体に良いものを少しずつ、が健康づくりの秘訣です

ちなみに、にんにくによる口臭予防には<牛乳やりんご>の成分が有効だそうな。
デザートに美味しく組み合わせてくださいね♪

〈プロフィール〉
平井 美穂(ひらい みほ)
管理栄養士・食物栄養学修士・調理師
兵庫栄養調理製菓専門学校 栄養士科講師
NPO関西ウエルネス研究所理事
平井外科胃腸科クリニック(神戸市東灘区岡本)、その他透析病院等を含め医療機関にて栄養指導を行う。百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案など、乳幼児から高齢者までを対象に幅広い年齢層に対し、食と健康に関する講演会や料理講習会を行う。


平井美穂 大人とこどものからだと栄養 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。