にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 五感を使った体験経験。レシピ絵本のススメ 【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

五感を使った体験経験。レシピ絵本のススメ
【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2020/1/17

  •  
  •   mixiチェック
松の内が明ければすっかりお正月から節分へと季節行事が移ります。
子ども達へ日本の伝統行事を一つづつ。
一緒に過ごしながら絵本の力も借り繋げて行きたいと思っています。
新年最初の絵本の紹介はこちら
目にも目出たいこちらの絵本。
待望のハードブック化です。

『サンドイッチサンドイッチ』『おべんとう』『カレーライス』など食べ物の絵本と言えばこの方!と言っても過言ではありません。
言葉の音やリズムもとてもよく大好きな作家さん。

それはこんな始まり
「のりまき のりまき さあ つくろう
おおきな のりを よういして
おすしの ごはんを ひろげたら
さいしょに おくのは たまごやき
つぎに きゅうりを のせようか」(p1-8

まさにレシピ本。
お料理一品がまるごと一冊の絵本になっています。
1ページ1ページ道具にもこだわり描かれる。
なんて贅沢な絵本でしょう。

今は動画のレシピも多く、どんどん流れる画像についていくという感じ。

でもこの絵本は、その味や香りなどすべての五感を刺激しながら味わいながら進んでいきます。
それは決して急かされることはありません。

昨年は実際にこの絵本を見ながら節分ののりまき巻きました。
記憶は複合的なほど心に残る気がします。

パリパリとしたのり。
その上にくっつくすし飯。
多すぎると巻きにくいね。
次は少なめにしてみようか。
と形は不格好でも、その味はどんな高級なお店のものよりも記憶に残る美味しさでした。

先日テレビで「ラグビー場を地元の子供たちに開放。日本代表選手のプレーを一緒に体験」というニュースを見ました。

その時のインタビューで、「どうだった?」と聞かれた子供たち。
「リーチマイケルがかっこよかった」という声の次に「めっちゃ芝生の匂いがした」と答えている子がいて!
これ!と思いました。
実際にプロのラグビー選手を見たからと言って、そのプレーがどうこう、というのと同じくらい大事なのは自分が五感で感じたこと。
「芝生の匂いがした」そう答えた彼はその目と耳と鼻とで感じたこのグランドの景色を一生覚えているでしょう。

この『のりまき』の絵本の表紙を見るたびにみんなで巻いた巻きずしを何年経っても思い出すように。

ふわはね絵本のある時間 in コトコトステージ
絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむ、親子の教室「ふわはね絵本のある時間」。
絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。
幼い子との暮らしがより豊かにちょっと賢くなる絵本術、子育て術を伝授します。

<2020年1月のスケジュール> 
◎1月21日(火)              
◎午前11時より 0歳クラス
◎午後 1時より  1歳クラス

<プロフィール>
内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰  
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。
絵本のある暮らしや絵本紹介のインスタグラムは人気でフォロワーが7500人を超える。
インスタグラム @fuwahane

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。