にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > シンプルな絵本に生きる力を感じる。食べることは生きることのススメ【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

シンプルな絵本に生きる力を感じる。食べることは生きることのススメ【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2020/3/13

  •  
  •   mixiチェック
生きることは食べることだと思っています。
どんな状況になったとしても、私たちはやはり食べ寝て笑って生きていくのです。
ブロンズ新社より今年こんな写真絵本が出版されました。
『おにぎりをつくる』

この本にはおにぎりの作り方が書いてあります。
まずはお米を炊飯器で炊くところから。

おこめをかっぷにふたつ。
くまさんのて にして
ざくざく ざくざく
とぎましょう

子どもの手と大人の手。
炊き立てご飯でおにぎりをにぎります。

むすんで にぎって あっちっち
むすんで にぎって あっちっち

おにぎりを作る。
ただそれだけのシンプルな絵本です。
そしてほんとに大切なことは裏表紙に書かれています。

この絵本の裏表紙にこんな言葉があります。

「子どもたちが、
自分ひとりでも
できるようにと思って、
この絵本をつくりました。

おかあさんもおとうさんも
外で働いて、
家にだれもいないとき、
はらぺこのおなかには、
おにぎりは「いのち玉」です。

自分でつくれたら、
おかあさんやおとうさんに
つくってあげることだって
できますよ。
高山なおみ」

生まれたての赤子が乳首に吸い付き母乳を飲むように私たちは生きるために食べるのです。
留守番している子ども達だって、お米とお水と塩があれば命を作るおにぎりを作って食べることが出来る。シンプルな絵本に生きる力を感じる。そんな絵本です。

ふわはね絵本のある時間 in コトコトステージ
絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむ、親子の教室「ふわはね絵本のある時間」。
絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。

幼い子との暮らしがより豊かになる子育て術を伝授します。

3月17日(火)のコトコトステージでのふわはね絵本のある時間は中止となりました。
今後の予定につきましてはホームページをご覧ください。

<プロフィール>
内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰  
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。
絵本のある暮らしや絵本紹介のインスタグラムは人気でフォロワーが8000人を超える。
インスタグラム @fuwahane

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。