にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > かぶの魅力 【伊藤 由香-小さな食憶-】

かぶの魅力
【伊藤 由香-小さな食憶-】

更新日: 2020/11/16

  •  
  •   mixiチェック
冷たい風にカラカラと落ち葉が舞う中、街を歩けばクリスマスのディスプレイが目にとまります。
今年も残すところ1ケ月余りとは何という月日の早さなのでしょうか。

海外から一時帰国されたファミリーが、マスク生活でも日常が過ごせている我々は羨ましいと話してくれました。ソーシャルディスタンスを守りつつも、リアルに目と目を合わすことのできる嬉しさは、輝くイルミネーションのように日常に彩りと安らぎをもたらせてくれるものだと改めて感じた11月です。


かぶ
作りやすさや、全てを食せることなどから大根よりも古く日本で栽培をされてきたかぶ。
各地の気候や風土に合うように変化し、関西近郊では京都の聖護院かぶ、大阪の天王寺かぶ、滋賀の万木かぶ、日野菜かぶ等各土地独特の種類があります。一般的に見かける小かぶは東京の金町小かぶがルーツと聞きます。まるで土の上に座っているかのように育つ姿は愛らしく、実(胚軸)の先の細長い根が、土深くの栄養をしっかりと吸収してきたことを語っています。


生から加熱まで優しい味わいだから調理法は幅広く、火通りも早い為とても使いやすい野菜。
実(胚軸)と葉は全く別物の栄養素を持つので、かぶのそぼろ煮や、かぶの煮びたしも「葉」を一緒に調理すればかぶ一つで淡色野菜と緑黄色野菜、両方の栄養を取れる一品になる点もかぶの魅力。皮に近いほど風味があります。ポトフやシチュー、かぶときのこの中華炒め、かぶとベーコンの炒め物等は、皮付きで更に最初にかぶ表面を焼いてから調理するとかぶの存在感とコクが増し冬のかぶ料理にオススメです。

かぶとりんごのサラダなど生食は消化酵素のアミラーゼが働き消化を助けると期待されています。加熱をすれば酵素は失われますが胃腸と身体を温めてくれると言われていますから体調に合わせて調理できる点もかぶの良さ。
今年初の父のかぶや大根をどどん♪と頂きました。年中手に取ることができる野菜でも、畑で育つ姿に、味わい深さが増している季節が巡ってきたと教えられます。

暦の上では来週から小雪。冬の足音が聞こえてきます。同時に空気の乾燥も気になるころ。身体を温めたいな、胃腸に優しいものを食べたいな、乾燥した喉を潤わせたいな、そんな冬の日、優しくも力強いかぶは家族の身体にもほっこり安らぎをもたらせてくれるかもしれません。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。