にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 時短でカンタン!お節料理と箸休め☆ ~つちだ縁に習う『料理のツボ』~

時短でカンタン!お節料理と箸休め☆
~つちだ縁に習う『料理のツボ』~

更新日: 2020/12/26

  •  
  •   mixiチェック
今年は去年に続き暖冬かな?
と、思いきや急激に寒くなりましたね!
色々と変化の年だった2020年、あっという間の年末。さて どんなお正月にしましょうか…。

皆様、大変ご無沙汰をしております。はじめての皆様へは改めましてこんにちは!
料理のツボ研究家(料理人フードコーディネーター)で、幼児食インストラクターのつちだ縁(ゆかり)です。
長らく西宮ぐらしブログをお休みしていたのですが、新たにスタートいたします。
皆様へ楽しく情報発信できる事がとてもワクワクしております。
これからどうぞ宜しくお願いいたします。
今年は実家へ帰れない!と言う声をお聞きします。
コロナ禍でお家時間も増え、毎日フル稼働な食事作りで気力も無くなったと言うのは私も共感なのです!
子供には日本の伝統を伝えるおせち料理。
でも品数を沢山作るのは大変だし…時間をかけられ無いし…どうしよっかなぁ〜…、と言う方も多いのではないでしょうか?
大丈夫です! 色々沢山を作らなくってもいつものご飯に少しお節料理っぽいエッセンスを添えるくらいでもいいんじゃないかな♪っと思います。
作る方も無理せず、家族に少しでもお正月らしい雰囲気を味わってもらえたらと思います。

そこで!!
簡単で子供と一緒に作れるおせち料理はいかがですか?
食べ切り量で材料も少なくて直ぐにトライしてもらえます。
作り置きおかずとしても便利なのでいくつか早速作っていきましょう。


【松風焼き 】はご存じですか?
お節料理にはいろいろと伝説があって面白いんです。
このお料理の由来は、小倉百人一首のひとり在原行平(中納言行平のこと)と「松風」という娘の須磨の浦という場所での恋話。
寂しい結末の様子を行平は「松風(待つ風)ばかりで浦さびし」とよんだのです。
松風という料理はで、表面にけしの実を振り焼き上げたもので裏面(浦)には、何もついていなくさみしく松風には「裏が無い」。
そこから「かくし事がなく正直な様子」と言う意味が含まれています。
今年1年悪いことをせず、真っ直ぐに生きよう!という思いが込められています。
お節料理は奥深いですね、
私も子に引き継ぎたいものです…。

【おせち料理パート1】
混ぜて焼くだけでドーン!~鶏の松風焼き~
お味噌のコクと香りが決めての日本人で良かった〜と思わせる一品です。
では早速調理に取り掛かりましょう!

つちだ流で洗い物も少なく、ビニール袋で汚れしらず。時短で簡単に出来るメニューと方法でご紹介します。

 (材料)
鶏挽肉…200g
(パン粉10g +牛乳10cc)
卵…1個
生姜(すりおろし)…少量
玉ねぎ(みじん切り)…小1/4個
赤味噌(味噌)…大さじ1強
酒…小さじ2

醤油…小さじ2
砂糖…小さじ4

(トッピング)
青のり…小さじ2( +α)
ケシの実(白ゴマ)…小さじ2( +α)

(作り方)
①全ての材料をビニール袋に入れて混ぜ合わせる。オーブンに天板を入れ230℃に予熱を入れる。
②型にクッキングシートを敷いて①を流し込む。青のりとケシの実を付けアルミホイルでしっかり蓋をする。
③(予熱有230℃18分焼く。取り出しホイルを付けたまま5分蒸らす。
④切り分けて完成。

【おせち料理パート2】
切って巻くだけでドーン!~サーモンの奉書巻き~
奉書とは「上意を奉じて下す命令の文章」で、その奉書紙を巻いたように仕上げたお料理です。
主に大根、かぶを桂むきにして蟹(かに)やスモークサーモンを巻き込んだものですが、今回は簡単に美味しくできるアレンジを加えております。
くるくる巻いたり、三つ葉で結ぶのは、子どもにもお手伝いしやすい作業です。

(材料)
蓮根…40g
お刺身用サーモン…100g
クリームチーズ…10g
三つ葉…1束

味噌…大さじ4
(a)
水…大さじ1
酢…大さじ1
砂糖…小さじ1
塩…ひとつまみ
(鷹の爪輪切り…2切れ)※入れなくても良い

(作り方)
①サーモンの両面に味噌を塗り、ラップで包み冷蔵庫で1時間寝かせる。
②沸騰したお湯に三つ葉の茎を5秒、葉は1秒浸けて水に引き上げる。
③蓮根をスライサーで輪切りに、1分茹でザルにあげる。
④aをレンジ600w30秒加熱、③を5分漬ける。(長く漬け込んでも美味しい)
⑤①の味噌をはがし、さっと洗い流して水気を拭き取り棒状に切る。
⑥2枚ずらして重ねた④で、⑤とクリームチーズを巻き三つ葉で縛って完成。

【おせち料理パート3】
混ぜて詰めるだけでドーン!~あんぽ柿のラムレーズンチーズ~
冬のこの時期にしかお目見えしない甘~いあんぽ柿にクリームチーズ、ラムレーズンとローストナッツがたっぷり詰まった箸休めな一品。

(材料)
あんぽ柿…3個
くるみ…6個
クリームチーズ…60g
ラムレーズン…約10粒
ドライクランベリー…約5粒

(作り方)
①くるみをオーブントースターで2分あぶる。
②ラップでクリームチーズ、粗く刻んだラムレーズンと同様に刻んだクランベリーを練り合わせる。
③ローストしたくるみを2つ抱き合わせ、1/3量にした②で包む。(ラップで包むと手が汚れず作業しやすい)
④あんぽ柿のヘタを除き、そこから包丁を立てて小さく十文字に切り込みを入れる。
⑤④の切り込みから、丸めた③を入れて形を整える。
⑥半分に切って完成。

お節料理もしっかり作らなくても、ライフスタイルに合わせて食べたい物や、他のおかずも混ぜて作るのもいいですね。
盛り付けは、お重じゃなくてワンプレート皿盛にしてみました。
我が家に合った方法で「無理をしない料理!」をテーマに、お家時間を楽しみたいと思います。

先日、西宮阪急の紅茶がずら~りと並ぶ華やかな売り場でこんなのを見つけました。
紅茶の名前が“バイバイブルー”。
コロナ禍のどんより気分を吹き飛ばしてくれそうなネーミングですね!
即買っちゃいました。
ちょっと一息つきたい時や、子どもの公園に付き合う時にボトルに入れて外でも楽しんでいます。
やさしくふんわりと甘い香り、フルーィーで、すごく癒される味わいです。
ほんとにここは、楽しいコーナーで見てるだけでもワクワクします。
次は何にしようかな~

<プロフィール>
つちだ 縁 (つちだ ゆかり)
一児の母・現在子育て中でリアルメニューを発信。自身の料理教室でも“食卓から子供の健康を育む”をテーマに講座を展開中。プロの料理人の長年の経験を活かし、家庭でも手軽で簡単にできるテーブル映えする記念日料理がメイン。創作メニューを得意とし、日常生活をより素敵にアレンジする 『料理のツボ』 を研究・提案し続ける。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。