にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 豊かな地球を残すために絵本で伝える私が僕が出来ることのススメ。 【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

豊かな地球を残すために絵本で伝える私が僕が出来ることのススメ。
【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2021/1/27

  •  
  •   mixiチェック
海洋プラスチックごみについて書かれた絵本がここにあります。
日本でも昨年7月レジ袋有料化が始まり、世界各国が海洋プラスチック問題に取り組み始めています。
まだまだたまにマイバッグを忘れて買い物に行ってしまうような私が偉そうに環境問題のことを話すつもりはありません。
でもこれからを生きる子供たちに美しく豊かな地球を残すために出来ること。
そのひとつとして絵本で伝えるということをできればと思っています。

この表紙の絵からこの絵本は始まります。
美しい青い海。アザラシやウミガメ、イルカやたくさんの魚たち。でもよく見るとプラスチックごみが無数に浮いています。
私たちが捨てたごみの中で泳ぐ魚。その魚を食べるアザラシに絡みつく漁船から捨てられた網。その漁船が揺らす海の流れに乗って泳ぐウミガメに引っかかるプラスチック。そんなプラスチックを海にばらまくごみの埋め立て地。

とても美しい美しい絵と悲しい現実。

アメリカで出版されたこの絵本を昨年日本の小学五年生の男の子が翻訳に参加したことでも話題となった一冊。

豊かな海を残すために私たちが出来ることをこれからの未来を生きていく子どもたちと一緒に考えるきっかけになるような絵本です。
ひとりひとりが今出来ることを。それが小さな一歩だったとしても。まずは知ること。
こういったテーマの絵本もまたご紹介していきたいと思います。

<プロフィール>
絵本のつなぎて 
ふわはね(内田 祐子)

子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本プログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。
絵本のある暮らしや絵本紹介のインスタグラムは人気でフォロワーが一万人を超える。
インスタグラム @fuwahane
内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。