にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 春の和菓子づくり。とっておきのおうち時間♪ 【つちだ縁に習う『料理のツボ』】

春の和菓子づくり。とっておきのおうち時間♪
【つちだ縁に習う『料理のツボ』】

更新日: 2021/3/29

  •  
  •   mixiチェック
とっても気持ちの良い気候になりましたね。なにか新しい事を始めたくなるこの季節、3月25日、西宮阪急ドンクカフェさんで簡単で美味しい和菓子講座が開催されました。

●米粉で作るミニどらやき
●春の彩り3色団子

ご参加できなかった皆様、是非レシピをご参考に手作りに挑戦してみて下さい。
『米粉のミニどら焼き』
大豆粉と米粉のパンケーキミックス粉で作るグルテンフリーのどら焼きは、お花見シーズンにもピッタリのスイーツです。ホットプレートで作ると焼きムラがでず綺麗に仕上がり、一気に沢山焼けるのも魅了です。ベランダでわいわい作るのも楽しいですね♪

●材料(生地)
卵(1個)きび砂糖(10g)はちみつ(10g)みりん(大さじ1)牛乳(100㏄)大豆粉と米粉のパンケーキミックス(100g) 
●材料(カスタードクリーム)                   
カスタードパウダー(30g)水(60㏄ )     
●材料(トッピング)                       
ゆであずき・粒(80g)苺・バナナ(適量 )  

【作り方】                         
①ボウルで卵を溶き、きび砂糖・はちみつ・みりん・牛乳を順に加え、その都度泡だて器でよく混ぜる。                                                        
②さらに大豆粉と米粉のパンケーキミックスを加えて、泡だて器で混ぜる。  
③フライパンを中火で熱し、温まったら一度ぬれ布きんの上に乗せ温度を安定させる。
弱火にし、キッチンペーパーで油を薄く引く。
大スプーン1杯分の生地を落とし蓋を閉めて蒸し焼きします。(約2∼3分)
④表面にプツプツの泡が出て、きつね色が付いたら生地を裏返し軽く焼き目を付ける。
取り出し濡れ布巾をかけて乾燥を防ぎます。
⑤焼き上がった生地が冷めたら、カスタードと小豆あん、フルーツをはさんで完成。
ラップに包んでおくと、よりしっとりします。   

『春の彩り3色団子』
3つの個性をひと串に色合いも味わいも華やかな手作り団子。お団子そのものの味わいと共にトッピングも楽しめる1本の串に楽しみがいっぱい!
ポイントは生地に豆腐を混ぜる事で柔らかな食感、そして冷蔵庫に入れても硬くなりにくいのが利点です。

材料(ベース生地)               
白玉粉・ぬるま湯・木綿豆腐・砂糖
(赤=苺/緑=抹茶粉)
①ベース生地の材料をボウルで耳たぶよりやや硬めに捏ねておく。           
②1を3等分にし、赤・緑の材料を練り合わせる。それぞれラップに包み乾燥を防ぐ。
③団子1色を等分に丸める。  
④たっぷりのお湯を沸かし、沸騰させながら浮き上がるまで茹でる。
⑤浮き上がったら冷水に団子が取り、沈んだら引き上げる。                 
⑥串に刺し、お皿に盛り付けてトッピングをして完成です。   

■なんと!今回は阪急西宮ならではのレッスン材料セットをプレゼントです。皆様からの嬉しいお声を頂戴しました。『家に帰ってすぐに作りたいです♪』『週末に孫と一緒に早速作ります♪』とても嬉しく、スタッフ一同とても励みになります!

『どら焼きのどらって何ですか?』金属製の打楽器「ドラ(銅鑼)」の形にちなんだという説が有力と考えられています。

800年も昔からの歴史あるお菓子なのです。
江戸時代頃に確立された製法では四角に固めたあんを平鍋で焼いたクレープ状の薄皮で包んで食べるというきんつばの皮包みバージョンといったイメージのお菓子でした。
大正時代にカステラの2枚生地で餡を挟んだ今の銅鑼の形になったと言われています。そして関西地方では「どら焼き」の事を「三笠饅頭 」と呼ぶ事があります。
どら焼きの形が奈良県の三笠山に似ているとされ、この様な名前がつけられました。
ちなみに余談ですが、人気アニメのドラえもんでおなじみの「どら焼き」は…ドラえもんの作者である「藤子・F・不二雄」さんの好物は「どら焼き」だそうで、自分の好きなものをドラえもんの好物に設定したらしく、新宿にある某和菓子屋さんのどら焼きがモデルになったそうですよ。(諸説あり)


●ご参加下さいました方からのご質問に対し、銅鑼の由来をお伝えしたいのに、時間内での焦りのあまり何故かドラえもんの説を(汗)。すみませんでした!。即答する前に一回飲み込んで一息ついてお返事しなきゃと反省しております。(´;ω;`)ウゥゥ

《ご紹介しました商品は西宮阪急1階食品売り場・2階富澤商店にてお買い求めいただけます》
■大豆粉と米粉のパンケーキミックス(富澤商店・2階)
■有機ゆであずき・缶タイプ(西宮阪急・1階)
■カスタードパウダー(富澤商店・2階)
■メルカートピッコロの国産香美いちごのジャム(西宮阪急・1階)
(つちだ縁の感想)「西宮阪急と兵庫県産いちご農家とのコラボ商品」コンフィチュールの様なテクスチャーです。パンに塗りやすくヨーグルトのソースにも使いやすくとっても美味しいです。
レモンの酸味がほのかな後味で甘すぎないのでお豆腐団子のトッピングに相性抜群ですよ~。

是非今後も楽しい講座をチェックしてみてくださいね。
実際に目の前で見て、香りをご体感いただき、楽しい学びにご参加下さい。
お会いできる日を楽しみにしております。

<プロフィール>
つちだ 縁 (つちだ ゆかり)
一児の母・現在子育て中でリアルメニューを発信。自身の料理教室でも“食卓から子供の健康を育む”をテーマに講座を展開中。プロの料理人の長年の経験を活かし、家庭でも手軽で簡単にできるテーブル映えする記念日料理がメイン。創作メニューを得意とし、日常生活をより素敵にアレンジする 『料理のツボ』 を研究・提案し続ける。

つちだ縁に習う料理のツボ 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。