にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > むくみもすっきり!すいかで健やかな夏を 【伊藤由香-小さな食憶-】

むくみもすっきり!すいかで健やかな夏を
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2021/7/19

  •  
  •   mixiチェック
つるに5月31日と日付が書かれたすいかを頂きました。

大玉すいかは受粉から50日程、この度頂いた「黒てまりすいか」など小玉すいかは受粉から35~40日程で収穫を迎える為、その目印だったそうです。
ツヤのある黒色の皮をカットすると、真っ赤な果肉の登場です。皮とのコントラストが美しく「シャリッ」としたすいかの歯ざわり。パクリと頬張ると一気に「夏」が広がりました♪

すいか
アフリカが原産で砂漠では飲み水代わりに利用されていたそうです。
含まれる水分の豊富さはもちろんですが、緑黄色野菜並みにカロテンが含まれています。また昨今注目のアミノ酸の一種シトルリンの発見はスイカから!こちらは血液の流れの改善や、新陳代謝が活発になるなど筋肉痛や疲労回復への効果も期待されているもの。筋トレや運動のパフォーマン向上のサポートとして意識的に摂られている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
先に食べやすく一口大にカットし容器に入れておくと、身体を動かした後の補色としても手軽にパクっと食べることができて便利です。豊富なカリウムの利尿作用で余分な塩分や老廃物を体外へ出してくれるのですっきりボディも期待できそうです。

特にすいかの皮の部分に多く含まれているので、お漬物、塩もみをして甘酢和えなど余すところなく頂きたいものです。因みにシトルリンはウリ科のメロンやキュウリ、ゴーヤー、冬瓜など今旬のお野菜にも微量ですが含まれています。

種の近くから熟し中心部に向かって甘さが強くなります。中心部が均等にいきわたるようカットすると良いのですが、娘が幼かった頃は、均等な甘さの切り方ではありませんが、皮の一部を手がかりになるよう小さく切ったサイズが食べやすいようでした。

さて、すいかは果糖が多いので冷やすと甘味が増す性質があります。冷たく冷やしたスイカにバジルを散らし、塩少々。すいかの赤色の色素もトマト同様リコピンです!相性の良いオリーブオイルをかけたスイカのサラダは簡単で大好きな夏のサラダのひとつです。

早くも蝉の鳴き声が聞こえ始めました。梅雨明けと共にぐんぐん気温も上がり、太陽がジリジリと照り付ける真夏へ一気に季節が進みそうです。肌の健康を守ると期待高まるリコピンは、前回トマト同様すいかからもチャージできます。癒しの香りを放つバジルと共に「食」からも健やかな心と身体を保ち、楽しい夏となりますように。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。