にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 「我が家の子育て」をみつけよう!コトコトステージ「ベビーマッサージクラス」では赤ちゃん育児のヒントが見つかります♪ 【南田理恵の子育てサロン】

「我が家の子育て」をみつけよう!コトコトステージ「ベビーマッサージクラス」では赤ちゃん育児のヒントが見つかります♪
【南田理恵の子育てサロン】

更新日: 2021/7/30

  •  
  •   mixiチェック
みなさま、こんにちは。
ママズケア助産師の南田理恵です。
西宮阪急4階「子育てコミュニティルーム」で、水曜日午前に≪ベビーマッサージクラス≫、午後からは≪おやこサロン≫で子育てのお話しをしております。

早いもので、14年目になりました。
ここ1年半ほどお休みとなっており、今月から再開いたしました。

コロナの前までは、多くのママパパは、生後2ヶ月くらいになれば、子育て支援の様々な場所へ、赤ちゃんと一緒に出向いていってました。
そこで、他の赤ちゃんとママの関わり方を見て、
「ああ、こんな風に抱っこしたらいいんだ」
「あんな遊びかたうちもしてみよう」
「こんな歌や声かけがあるんだ」
など知ることができ、赤ちゃんも他の子の動きをみて、学んでいました。

人間は、集団で子育てしたいという本能があります。
ゴリラは6年に1回の出産です。
なぜなら、ワンオペ育児だから。
赤ちゃんゴリラが生まれると、パパゴリラは何処かへ行ってしまいます。
ママひとりで、子育てするのは大変なんですね。

人は助け合って子育てするので、
毎年でも出産することができるのです。

ひとりで子育てするのはとても大変です。
助けを上手に求める力がつくとよいですね。

ママパパの心に余裕ができれば、
赤ちゃんの心にも向き合うことが楽しくなるはず。

西宮阪急コトコトステージでの、ベビーマッサージクラスは、赤ちゃんの発育発達や気質に合わせた関わり方を学ぶことができます。

安定したアタッチメントの形成のためにも、ネットや他人の言葉に惑わされない「我が家の子育て」を見つけてみませんか。
アタッチメントとは、「特定の他者とくっつくこと」をいいます。
何らかの危機に接したとき、危機が予測されるときに起こる、恐れや不安な気持ちを、くっつくことを通して調整しようとする欲求のことです。

アタッチメントや相互的なやりとりは、子どもが関わりを求めてきたときに、大人がタイミングよく応えるやりとりです。
安心な空気に包まれながら生活することが、子どもの発達にはとても大切です。
自分で動けない赤ちゃんは、ママにくっついていたいものです。
“抱っこしてほしい”“くっついていたい”は生きるための本能です。
ここを満たしてあげることが、健全な心の生育につながります。
忙しくて抱っこできないときは、時間ができたときに、たくさんマッサージしてあげてくださいね。
赤ちゃんもママの気持ちをわかってくれるはずです。

次回のベビーマッサージクラスは、
◎8月18日(水)10時半から12時
◎8月25日(水)10時半から12時

ご予約は西宮阪急ホームページ「コトコトステージ」のリンクからご予約ください。
定員あり、先着順です。2週間くらい前に予約開始します。
みなさまのご参加お待ちしております。

<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授・ママズケア代表
“ママと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。
女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた活動を展開。
子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。