にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 残念では終わらない。来年を楽しみに工夫をしながら今できることをしていくのススメ【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

残念では終わらない。来年を楽しみに工夫をしながら今できることをしていくのススメ【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2021/8/17

  •  
  •   mixiチェック
夏も終わりに近づき、毎年恒例の花火大会も、盆踊りも地域のお祭りも昨年に引き続きなくなって。
自治会主催の屋台に子供会のお神輿、今年もまた、本当だったら…なことが多すぎる。
また来年と言うけれど、今年の夏はもう今年しかなく。
いろいろな体験経験をさせてあげられないことが悔しい。
そんな中でも工夫をして楽しんでらっしゃる方達も!
お祭りがないならとおうちでお祭りを楽しんでいる、その名も「おうち縁日」

少しでも子ども達にお祭りの雰囲気を楽しませてあげたいという親心にキュンとなる。

経験できないからこそ絵本の出番。

今回ご紹介するのはこちら

『やたいのおやつ』
ふじもとのりこさんの色鉛筆から生み出される魔法のような本物そっくりの食べ物が並びます。
屋台のおやつ。それはすこーし特別なおやつ。

それはこんな始まり

きょうは おまつり やたいが いっぱい
やたいの おやつ なに たべよう
(p2−3本文引用)

そうそう。この雰囲気。
屋台が所狭しと並んで何にしようか目移りしちゃう。いらっしゃいいらっしゃいやきたてだよ!
威勢のいい掛け声もその場にいるような臨場感。
そしてページをめくるとそこには本物そっくりのたいやきに、かき氷に、お好み焼き…。
中でも目を引くのはつやっつやのりんご飴。
色鉛筆とはわかっていながらも写真にしか見えない。毎回驚かされるふじもとのりこさんのその絵のクオリティ。

今回はまたタッチの違う絵の楽しさもあり、昭和な変わらないあのお祭りの特別感が伝わる。
言葉のリズムもよくて絵本で味わう夏祭り。

夏も終わりに近づき、今年体験経験できなかった時間は取り戻せないけれど、絵本を通して子ども達と楽しんでほしい。来年を楽しみに工夫をしながら今できることをしていく。絵本の力を借りながら。
まだまだ猛威を奮っている新型コロナウィルス。
残念で終わらない。
今を生きる私たちに必要なことだなぁと思いました。

≪おしらせ≫
8/23(月)と9月に予定しておりましたコトコトステージでのふわはねえほんのイベント開催は、緊急事態宣言発出のため中止となりました。
ご予定してくださっていた皆様には大変申し訳ありません。
また元気に皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

<プロフィール>
絵本のつなぎて ふわはね(内田祐子)
絵本を描く人作る人読む人読んでもらう人を繋ぎたいと関西を中心に活動を続ける。絵本で作る扉や広がる世界を楽しもうと絵本の紹介や絵本がある暮らし、親子の時間が楽しくなる発信をと綴るインスタグラムは子育て中のお母さんや幼児教育に携わる先生方に支持されフォロワーが13,000人を超える。
毎日の絵本と言葉、月の満ち欠けが描かれた2020年4月始まりの日めくりカレンダーをニジノ絵本屋より出版。
インスタグラム @fuwahane

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。