にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > はなびらたけで『あんかけフラン』 【伊藤由香-小さな食憶-】

はなびらたけで『あんかけフラン』
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2021/10/18

  •  
  •   mixiチェック
気温がぐんと下がるようです。
徐々に移ろう秋の深まりを感じる事なく、急下降の気温に人間の体も植物もびっくりしそうです。
過日、炭火焼きで国産松茸を口にさせてもらえる機会がありました。
自身では滅多に買うことも、食べる機会も少ない松茸。
「国産は上品な香りだわ~」など大喜びしたものの、下処理をお願いされ、あれ?どうするのだったかしら…数分後は真顔になりました。

≪基本洗わなくて良いきのこ類≫
石づきを削り、ボウルに水をはり、指を濡らしながら汚れを取り、ジャリッと感じるところがなくなる程度で大丈夫!! そうでした♪

はなびらたけ

白くひらひらとした姿が美しいきのこです。
自然界ではなかなか採れない事から“幻のきのこ”と呼ばれているそう。
昨今、菌床栽培のものが並ぶようになり、手に取りやすくなりました。
まるできくらげのようなコリコリと心地いい歯触りの良さが魅力です!!
加えておなかに嬉しく、免疫力アップのサポートに期待の食物繊維の仲間、βグルカンが大変豊富に含まれていることから最近注目されているキノコです。

色が流れ出ず、クセがないのでどのようなお料理にも使いやすいです。
電子レンジでチン♪としても食感変わらずコリコリの一品が完成します。


今回は複数のきのこを合わせたあんを作りました。
一緒に煮ると白いはなびらたけが少し茶色く濁ってしまいます。
避けるために、マイタケしいたけはグリルで焼いてうま味を凝縮させておき、ブイヨンで煮たはなびらたけと仕上げる直前に合わせることがポイントです。

うま味たっぷりキノコあんのフラン
(西洋茶碗蒸し) 2人分
卵1個
ブイヨン 150ml + 100ml
はなびらたけ 
しいたけ、マイタケなど  

【1】卵を割りほぐし、冷ましたブイヨン150mlを加え塩で味を調える。器にざるを通して流し入れる。
蒸気の上がった蒸し器で13分程(強火3分→弱火10分)蒸す。

【2】ブイヨン100mlにはなびらだけを加え、ひと煮立ちさせ軽く煮る。
他キノコはグリルで強火で6分焼いておく。

【3】はなびらたけと焼いたきのこを合わせ水溶き片栗粉または葛粉でとろみをつけ塩で味を調え、フランに注ぐ。
仕上げにあさつきを添える。

肌寒い日は、ふうふうと息を吹きかけ頂くお料理がぴったり。
ブイヨンを中華スープすれば中華風、お出汁に変えれば茶碗蒸し、気分に合わせてよろしければお試し下さい。
因みに、マイタケはタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)が強いので、そのまま直接卵液に入れると固まりません!
具として加える時は一度加熱してから使われると良いですよ。

さて、冬服を引っ張り出さないと!体調にはくれぐれも自愛くださいませ。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。