にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > さつまいも 色を楽しむ♪ドライフルーツ芋羊羹 【伊藤由香-小さな食憶-】

さつまいも 色を楽しむ♪ドライフルーツ芋羊羹
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2021/11/2

  •  
  •   mixiチェック
金木犀の香りがようやく届き始めました。
彩られた木々の葉、そしてその木に輝く電飾を見上げ、今年も残すところ2ケ月とは!!
月日の経つ早さに驚かされます。
今年初めて「ハロウィンスイート」という、サツマイモを口にしました。
カロテンを多く含むサツマイモで、何と果肉のオンレジ色が新鮮。
切った時にどこか人参の匂いを感じます。
蒸せば、果肉の色の鮮やかさは増し、食感はねっとり。
風味はまるでかぼちゃのような、人参のような…とこれまた初めて体験のサツマイモでした。

パープルスイートロード

アントシアニンを多く含み、中も紫色のさつまいも。加熱するとその紫色の鮮やかさは増し、酸を加えれば明るい紅色に変化が魅力。

色の美しさを活かし、例えばチップスやポタージュスープ、サツマイモサラダなど色を損なわない料理がオススメです。
(色素が水に流れやすいので、組み合わせる食材を考えると良いですよ)

●パープルスイートロードで♪ドライフルーツの芋羊羹

【材料】(250~300ml程容器 または流し缶分)
パープルスイートロード 300g
寒天(糸寒天または粉寒天) 2g 
砂糖 40g  
水  80ml
 
好みのナッツ、ドライフルーツ 

【作り方】
(準備)糸寒天は水で戻しておく。
      容器にクッキングシートを敷いておく。  
   (流し缶があれば不要)

①サツマイモは輪切りにして蒸して皮をむく。
②鍋に水と糸寒天(または粉寒天)を加え中火にかけ沸騰し寒天が溶ければ砂糖を加える。
③ミキサー※にサツマイモ、②を加え攪拌し、鍋に戻し5分程練る。(または裏ごしをし、②の鍋に入れ5分程練る。※ミキサーは手軽ですが粘りが出るので裏ごしをした時よりもねっちりとした仕上がりになります。
④用意した容器(または流し缶)に入れ表面をならし、粗熱が取れたら上にドライフルーツをのせる。固まれば好みの厚さにカットする。

紫色鮮やかな芋羊羹。
栗きんとんの代わりに今年はこんな芋羊羹も良いな。シンプルな紅はるかの羊羹の2種を市松模様に並べるのも良いかしら。気が早くもお節料理のイメージも頭によぎり始めています。

収穫したてのサツマイモは、みずみずさがあります。控えめの甘さも良いですが、置くことによって水分が抜けでんぷんが糖化し甘さも増したサツマイモを楽しめる頃となってきましたね。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。