にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > ☆クリスマスメニューにもオススメ♪菊芋のフラン  【伊藤由香-小さな食憶】

☆クリスマスメニューにもオススメ♪菊芋のフラン 
【伊藤由香-小さな食憶】

更新日: 2021/11/16

  •  
  •   mixiチェック
紅葉や落ち葉が美しい季節。
自然が織りなす色合いに、今年もウットリ。

塊はまるで自然が作り出した芸術作品のようでした。
この時期初めて見させて頂き感嘆の声を上げた赤菊芋の様子も、また思い出しています。
菊芋
大きく分けて白と赤とあり、店頭には両方並んでいます。

昨今、健康を意識される方からも注目されている菊芋。
腸内環境を整え、食後の急激な血糖値の上昇を抑えると期待される水溶性食物繊維の一種“イヌリン”が植物の中で最も豊富に含まれていることから、天然のインスリンと言う方もおられるようです。



芋と付く名前ですがキク科の仲間。
でんぷん質をほとんど含まず低カロリーながら、じゃがいも全般の料理同様使えます。
でこぼこしていて皮が剥きにくいので洗い難い所は切ってから、たわし等で良く洗えば、特に赤菊芋のポリフェノールが豊富な部分も頂けます。

生食も可能ですから、スライスしてサラダや酢の物にもオススメです。
レンコンのようなサクサクとした食感は新鮮です。
加熱をするとかぶと長芋を合わせたようなホクッとした食感で、ゴボウのような風味も増します。
お味噌汁、きんぴら、韓国チヂミや、かき揚げ、ポタージュスープ等に是非。
王道ではありますが、薄切りにして揚げた菊芋チップスは、揚げたそばから手が止まらなくなり食べ過ぎて危険、危険…

実は、とあるお店で頂いた理想の食味を追求中のフランでまだまだ進化中。
ご家庭においては、ヘルシーで作りやすい分量と言うことでご紹介させて頂きます。
上にのせる食材を贅沢にすればクリスマスの一品にも良いかなぁとトッピングの具を変えては、幾度と作っています。
もし良ろしければお試しください♪

さぁ、そろそろクリスマスツリーも出そうかな。
店内の可愛いクリスマスグッズやお菓子にワクワクし始めました。

菊芋のフラン(作りやすい分量 プリンカップ4~5個分)

材料
菊芋 300~350g
牛乳 100~150ml
生クリーム 30ml
卵  2個
塩  小さじ 1/2強

作り方
【1】良く洗った菊芋をホイルで包み180℃のオーブンで30分程竹串がすっと通るまで包み焼きにする。(または蒸す)

【2】①に牛乳を加えミキサーでペースト状にし、更に卵と生クリームを加えて攪拌し、塩で味を調える。

【3】器に注ぎ入れ、アルミホイルで蓋をし170℃のオーブンで湯煎にして20分程焼く。

【画像のトッピング】鱈の白子に薄く小麦粉をまぶしフライパンにバターを熱し両面焼き付け、塩、こしょうをする。
菊芋チップスを添えてとウズラ卵を落とす。

※菊芋はオーブンで包み焼きにすると風味が増します。菊芋の加熱方法で水分量が変わるため蒸す時は牛乳の量は少な目にしお好みの仕上がり見つけて下さい。
牛乳全量を生クリームに変えると濃厚になります。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。