にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > ラ・フランスのホワイトスープ☆簡単クリスマスメニュー 【伊藤由香-小さな食憶-】

ラ・フランスのホワイトスープ☆簡単クリスマスメニュー
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2021/12/6

  •  
  •   mixiチェック
輝く銀杏並木はすっかり道を黄金色に染めました。
飾ったサツマ杉の清涼感ある香りが室内に漂い、プレゼントで頂いた12月1日スタートアドベントティーを今日は何のハーブティかな♪と楽しませてもらっています。
今年もひと月足らず。
師走の言葉の如く慌ただしく過ぎゆきそうです。
さて、滑らかな舌触りや品のある香り、少し歪んだゴロンとした姿形が、私には愛らしく目に映ります。自身の誕生日頃に出回り始める事も重なり、名刺やSNSのアイコンにもしている程、変わることなく好きな果物のひとつです。

西洋梨 
ラ・フランス

面白い果物です。
通常、樹上で実り完熟を迎える果実が多い中、木の上では熟さず木から離れてから熟し始める西洋梨。
硬く食べられたものではないと捨てた果実を後に食べたら美味しく追熟が必要な果実と分かったとの記録があるそう。
食べ頃の見極めが難しいイメージでしたが、産地にて予冷と追熟の温度管理がなされ出荷される為、食べ頃を迎えた西洋梨を手に取りやすくなりました。
品種を変えて冬の終わり頃まで楽しめ、随分身近な果物になったような印象を受けます。

少し硬い場合は、とろけるような西洋梨にするために自宅で追熟が必要です。暖房が入る時期なので室温と言っても、玄関先などひんやりと感じる位18℃~20℃位の場所にて、購入の場合は3日程追熟させると良さそうです。

そのままでも美味しいラ・フランスをミキサーにかけてしまいました…。
ですが、出回る時期だけの特別感がある大好きな冷製スープ。
西洋梨は果糖が多いため、少し冷やすと甘味をより感じる果物です。

☆クリスマスのホワイトスープ☆
(デミタスカップ2~3個分)
 

ラ・フランス 1/2個
(浮き身用に1㎝各に切ったもの適少量残しておく)
レモン汁  少々
プレーンヨーグルト 大さじ1

赤粒胡椒

【1】角切りにしたラ・フランスはレモン汁少量をかけておく。
【2】ヨーグルトと共にミキサーにかけ、塩で味を調え、器に注ぎ【1】と赤粒胡椒を散らす。

少し硬めのラ・フランスにもオススメのグラッセ。
焼き色も美味しさのひとつとなり、加熱によって果肉も柔らかくなります。

☆ラ・フランスのグラッセチョコレートスープ☆

ラ・フランスはくし形に切り皮を剥き、先端を残し切込みを入れ扇形に広げる。
軽く粉糖をふりバーナーで焼き色を付ける。(または設定できる最高温度のオーブンに入れ焼き目をつける。)
香ばしく焼いたアーモンドを散らして、チョコレートスープ※を注ぐ。

※チョコレートスープ
チョコレート30g 牛乳30g 生クリーム30g

牛乳と生クリームを沸騰直前まで温め、チョコレートを加えて溶かす。粗熱がとれたらラム酒少量を落とす。

上記デザートとして以外に、グラッセは肉や魚のソテーの付け合わせにも上品に寄り添う存在感。
オードブル、サラダ等料理としても幅広く楽しませてくれる西洋梨はクリスマスの食卓を、今まで以上に美味しく盛り上げてくれます♪

賑わいが戻り始めた中でのクリスマスシーズン。
どうぞ素敵な12月となりますように。


<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。