にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > オレンジカリフラワーのど~んと大胆ホットサラダ&ムース 【伊藤由香-小さな食憶-】

オレンジカリフラワーのど~んと大胆ホットサラダ&ムース
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2022/1/25

  •  
  •   mixiチェック
小さい頃は、経験からシーンと静まる外の様子で「あ!雪が積もっているかも♪」と
大喜びで飛び起きていたことが今では信じられません。
舞う雪に身体を丸めておりました。

しかし、この寒風に当たった野菜の美味しいこと!
過日頂いたほうれん草の濃厚な甘味に、もうこれは調味不要だね!!と家族同意見でした。

オレンジカリフラワー

白色のイメージが強いですが、サンゴのような形をした鶯色のロマネスコ、紫色、オレンジ色、黄色、スティック状のカリフローレと姿、色ともに華やかなカリフラワー。店頭でも目に止まります。
何れもブロッコリー同様ケールを祖先とするキャベツの仲間です。
寒さで凍らないように糖度を上げ、こんもり、きゅっと花蕾がしまった姿も見事です。
生のコリっとした食感、優しい甘さ、品のあるほろ苦さは一段と豊か。
オレンジ色はカロテン、紫色にはアントシアニンが含まれます。
カリフラワーの特徴的な加熱しても損失の少ないと言われるビタミンC、バランス良く含まれる栄養素に加え、抗酸化力が期待される機能性成分も頂ける点は魅力です。

オレンジカリフラワーは加熱をするとオレンジ色がより鮮やかになります。


半分にカットしたオレンジカリフラワーが蒸し上がりました。
立ち上がる湯気と共に華やかさを増した様子は魅せられます。
どーんとその形のままお皿へ移し、食べたい分だけ取り分け、好みのドレッシングをかけて頂くスタイルの名付けて「オレンジカリフラワーのど~んと大胆ホットサラダ」
先ずは蒸したてを是非一口。
ほっこり甘く、そしてほろ苦く、ほろほろと口で崩れていきます。
後は塩とオイル、レモンを絞ったり、多めのオリーブオイルでカリカリに炒めたベーコン(またはパンチェッタ)をオイルごとかけてたり♪とお好みのドレッシングで召し上がって下さい。

残りの1/2個で大好きなムースをご紹介。

【オレンジカリフラワーのムース】

材料
カリフラワー 1/2株(約250g)
牛乳     300ml
生クリーム  50ml
板ゼラチン  6g
塩      小さじ1/2   

作り方
【1】カリフラワーを小房に分ける
【2】鍋に牛乳とカリフラワー、塩小さじ1/2を加え、吹きこぼれないようカリフラワーが柔らかくなるまで煮る。
【3】火を止め板ゼラチンを加えミキサーにかけ
生クリームを加えて味を確認し(足りなければ塩で調味)、器に入れて冷やし固める。


量が多く余った場合は小分けにして冷凍保存がオススメです。
冷蔵庫で自然解凍すればムースとして、電子レンジで加熱すれば、寒い朝に嬉しい熱々のポタージュスープとして頂けます。

特に免疫力を高めたい時節柄、寒風にも負けない野菜果物の力は強い味方です。
意識してたっぷり食事に取り入れ流行りを乗り切りましょう。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。