にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 15分で簡単お花見スイーツ!『いちご餅』を作ろう♪ つちだ縁に習う『料理のツボ』

15分で簡単お花見スイーツ!『いちご餅』を作ろう♪
つちだ縁に習う『料理のツボ』

更新日: 2022/3/30

  •  
  •   mixiチェック

先日、地元でもある吹田の万博公園の桜祭りに、家族で行ってきました。
梅林は綺麗に咲き誇っていましたが、桜はギュッとつぼみを閉じたままでした。
まだ寒いので、来週か再来週には咲くのかな~。

桜が咲いたら、いちご餅を作ってお花見に行こうと思います。
今日は桜餅と言うより、子供が大好きないちごでアレンジ餅をご紹介します。
桜の葉をつけると、息子(6歳)は食べてくれませんでしたので、桜の葉を付けるのは大人用にします。

【材料】
道明寺粉…120g
A色粉(赤)…爪楊枝の先で少しすくう程度
A水…小さじ1/4程度
B水…90㏄
B砂糖…10g
餡(こしあん・粒あん・白餡はお好きなもので)…20g×4個分
苺…4個
桜の葉の塩漬け…4枚

【材料】
道明寺粉…120g
A色粉(赤)…爪楊枝の先で少しすくう程度
A水…小さじ1/4程度
B水…90㏄
B砂糖…10g
餡(こしあん・粒あん・白餡はお好きなもので)…20g×4個分
苺…4個
桜の葉の塩漬け…4枚

【保存について】
ラップをして乾燥を防ぎ、冷蔵庫で1日です。
常温だと苺が傷んでしまうので冷蔵庫へ。
冷蔵庫で冷やすと硬くなるので、なるべくお早めにお召し上がりくださいね。
食べる分だけ、食べたい時に作れるのでササッと少量から作れるレシピをご紹介しました。

【ポイントとアレンジについて】
桜の葉の塩漬けは使う分ずつ塩抜きしましょう。
苺だけじゃなく、色粉の色を変えてミカンやマンゴーの缶詰などのフルーツ餅をお子様と一緒に作るのもきっと楽しいでしょうね~♪

プロフィール>
つちだ 縁 (つちだ ゆかり)
一児の母・現在子育て中でリアルメニューを発信。自身の料理教室でも“食卓から子供の健康を育む”をテーマに講座を展開中。プロの料理人の長年の経験を活かし、家庭でも手軽で簡単にできるテーブル映えする記念日料理がメイン。創作メニューを得意とし、日常生活をより素敵にアレンジする 『料理のツボ』 を研究・提案し続ける。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。