にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 行きつ戻りつしながら自らの手でお話を楽しむのススメ【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

行きつ戻りつしながら自らの手でお話を楽しむのススメ【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2022/6/8

  •  
  •   mixiチェック
透明のアクリルのカバーが目を惹く新しい絵本がブロンズ新社より出ました。
『のせのせせーの!』

真っ白なワンピースを着た女の子。アクリルのカバーに白で描かれた絵と重なり物語は始まります。


それはこんな始まり
のせのせ せーの!で めくったら
おめかししたね(P2−4本文引用)

髪を下ろした女の子、その横のページにはピンクとブルーの蝶々が飛びます。
のせのせせーの!でめくったら、絵が重なりちょうちょがリボンになって三つ編みに。
お次は白いワンピース、丘の花畑がのせのせせーの!で花柄のワンピースに。

シンプルな繰り返しの中にも大きな軸のストーリーが見えてくる。女の子がお家から出て、お花摘みに。そして帰っていく行きて帰し物語。

その間にある本文にはない物語を楽しむもよし。くのまりさんのアクリルと切り絵の手法も見逃せません。

めくるという行為は絵本を楽しむ大切なアクション。自らの手で次の展開へ進める。そしてまた気になれば戻れる。行ったり来たりを繰り返し絵本を楽しむ。まさにこれぞ絵本の醍醐味。
のんびりと。自分のペースで。
ぜひお子さんと一緒に行きつ戻りつしながら表紙から裏表紙まで、隅々まで楽しんでほしい一冊です。

4月よりまた4階子育てコミュニティルームにて「季節とえほんと親子のじかん」が再開されています。
詳細及びお申し込みは西宮阪急ホームページコトコトステージより。絵本を真ん中に手遊びやお歌のほっこり時間です。

6月の日程
6月12日(日)午後1時から、午後2時15分から
6月20日(月)午前11時から、午後1時から

ご参加お待ちしております。

<プロフィール>
絵本のつなぎて ふわはね(内田祐子)
絵本を描く人作る人読む人読んでもらう人を繋ぎたいと関西を中心に活動を続ける。絵本で作る扉や広がる世界を楽しもうと絵本の紹介や絵本がある暮らし、親子の時間が楽しくなる発信をと綴るインスタグラムは子育て中のお母さんや幼児教育に携わる先生方に支持されフォロワーが15,000人を超える。

インスタグラム @fuwahane ←こちらをクリック

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。