阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
節句 ひなまつり こどもの日

季節の変わり目など、祝いを行う日のことを「節日(せちにち)」といい、その日、神に供える供御(くご)のことを「節供(せちく)」といいました。この「節供」が変じて「節句」となったようです。

【五節句】

  1. 1月7日 <人日(じんじつ) 七草の節句>
  2. 3月3日 <上巳(じょうし) 桃の節句>
  3. 5月5日 <端午(たんご) 菖蒲の節句>
  4. 7月7日 <七夕(たなばた・しちせき) 笹の節句>
  5. 9月9日 <重陽(ちょうよう) 菊の節句>

ひな祭り

3月3日 <上巳(じょうし) 桃の節句

中国では3月の最初の巳の日は忌み日とされ、不浄や邪気、けがれなどの恐ろしいものが襲ってくるといわれた日でした。家の中にいると人の災難が降りかかってくるというので、人々は家を出て水辺へ行きみそぎをしました。
この時人形(ひとがた)を作って、これで体をさすり身のけがれを移して供物といっしょに水に流して厄払いをしました。この人形がしだいに手の込んだ立派な人形になっていったのが、「流しびな」の始まりです。
また、平安時代には上流階級の子女が美しい人形で遊ぶ「ひいなあそび」という、ままごとに近い遊びがあり、この両者が結びついて現在のひな祭りになっていったとされています。
3月3日には、女の子が美しく成長し幸せになるように願ってひな人形を飾り、桃の花やあられ、ひしもち、白酒を供えて祝います。

【飾りつけ】

節句の1〜2週間くらい前から。早くしまうほうが早く嫁入りできるといわれるため、節句がすんだらなるべく早く天気のよい日を選んで片付けます。

こどもの日

5月5日 <端午(たんご) 菖蒲の節句>

端午とは、月の初めの午(うま)の日のことですが、古代中国では5月を物忌みの月として、5が重なる5月5日にさまざまな邪気をはらう行事を行いました。これが日本に伝わり、よもぎや菖蒲(しょうぶ)で厄よけをするようになり、武家社会になって男の子の出世を祝う日になったのです。

【鯉(こい)のぼりを立て、五月人形を飾る理由】

「鯉は出世魚」といわれることから、男の子の出世を願って鯉のぼりを立てます。鯉が滝をのぼって竜になるという中国の故事からきています。五月人形は、子どもが強くたくましく育つようにという願いを込めたものです。

【柏餅(かしわもち)】

平安時代の「椿餅(つばいもち)」が元の形。椿(つばき)の葉を2枚、餅の両面につけたものでしたが、柏の葉は大きいので1枚で包むようになりました。流行したのは江戸中期ごろとされています。柏の葉は若葉が出ないと古い葉が落ちないことから、「跡継ぎが絶えない」という縁起物でもあります。

【ちまき】

古代中国の忠臣屈原(くつげん)の命日が5月5日で、供養のために米を入れた竹筒を供えるようになったのが起源といわれています。その後、しだいに広まり定着し、日本でも5月5日にちまきが食べられるようになりました。

  ページの先頭へ戻る